祇是未在

ソゾタケの仏像日記

真覚寺 薬師如来倚像(八王子郷土資料館寄託)―白鳳時代の銅像薬師如来

      2014/04/22

多摩の仏像についても折に触れて書いて行きたいと思う。

東京都の西部・多摩地区は、戦争での空襲被害が都心部に比べて少なかったということもあって多くの古仏を遺している。しかし、多摩地区の市では最大の面積を誇る八王子市は、東京西部の中堅都市ということもあってか市街地に大きな空襲の被害を受けている。八王子近隣の山間部のお寺は被害を受けていないだろうが、市街地に関しては焼けてしまってもおかしくはない。しかし幸いにして、この市街地でも古仏が遺されている。その内の1体が、今回紹介する真覚寺の薬師如来倚像である。

真覚寺は西八王子駅から南西に2キロのところにある古刹であるが、薬師如来像は現在、八王子市郷土資料館に寄託されている。

八王子郷土資料館は、八王子駅の西2キロほどのところにある。建物はかなり古く、昔ながらの郷土資料館、という感じだ。私が訪れた時は来客も全くいなかった。入口では、ボランティアらしいおじいさんたちが暇をもてあますように椅子に座って談笑していた。

薬師如来像は、1階の展示室の中央、2階へ上がる階段の登り口の位置で、ガラスケースに入っていた。やや暗いのだが、すぐにボランティアさんが「電灯つけようか?」と明るくしてくださった。

 

薬師如来倚像(白鳳時代) 銅像 像高22.5cm 八王子市指定文化財

薬師如来倚像全体

小さいと聞いていたが、思ったよりは大きかった。ほんのりと微笑んでいる。アルカイックスマイルとはまたちょっと違う感じであるが、とても優しいお顔だ。至る所に金箔が残っているが、これはいつの時代のものかはわからない。

左斜め前から

 

螺髪はつけず、(たがね)か何かで打ってへこませて表現している。銅像仏でのこうした頭部の表現はよく見られる。肉髻が大きい。

 

体は横から見ると薄く、脚部両側に出っ張った形の衣紋はかなり平坦な表現であり、正面観を重視した飛鳥時代的な雰囲気を思わせる。時代的には飛鳥後期と言えるのかもしれない。ただ、地方仏は中央に比べるとやや時代が遅れた造形になることが多いこともあるので、白鳳時代というのは正しい評価なのではないだろうか。足は台にのせ、お尻を少しだけ椅子にかけて座っているような形だ。

側面より

 

この像で一番気になるのは、である。

普通、薬師如来は右手を施無畏印、左手を与願印に結び、その左手に薬壺を持っている(古式では薬壺は持たない)が、この像は薬壺を右手に持ち、さらにやや高めに捧げるようにしている。また、左手はまるで触地印のように膝に置くという、特異な造形をしている。

下半身

 

飛鳥時代の薬師如来と言えば、法隆寺金堂の釈迦如来の脇侍と、法輪寺の木造薬師如来が有名であり、どちらも薬壺は持っていない古式の表現であるが、薬壺を持つ手にあたる左手は、手のひらを上に向けて膝上におく与願印で、そのまま薬壺を置ける形だ。そして右手は施無畏印を結んでいる。この2体はいずれも北魏様式で真覚寺像とは時代も様式も違うと思われるが、同じ白鳳時代の薬師如来の代表である薬師寺の薬師如来も、やはり左手は与願印で膝の上に置き、右手は施無畏印だ。真覚寺像と同じ白鳳時代の倚像である正暦寺の薬師如来もやはり同じ形である。

となると、この像の立ち位置はどこになるのかが気になってきた。

考えられるのは、手から先が後補、ということだろうか。銅像ということからしても、造形を見る限り右手を上げ、左手を下ろしていたことは間違いないだろう。後補ということなら、右手は本来は施無畏印で、左手に薬壺を持っていたのかもしれない。

空海が招来したという伝説があるそうなので、ひょっとすると大陸の仏像である可能性もある。

資料が少くてよくわからないが、論文等が出ていないか、もう少し調べたいと思う。

正面斜め下より

僧祇支の結び目の矛盾や衣紋の造形も気になるところであり、小さいながらもなかなか奥深い像である。

穏やかな表情、なで肩でやや前傾しているところ、衣紋の造形のやわらかさなど、全体的にとても優しい雰囲気が伝わってくる薬師如来である。おもわず微笑んでしまう、そんな暖かい仏さまだと思う。

 

右斜め前より

 

【八王子市郷土資料館

〒192-0902 東京都八王子市上野町33
TEL:042-622-8939
開館時間9:00~17:00
入場料金無料
アクセス:JR八王子駅南口から徒歩15分/JR八王子駅南口から「東京家政学院」行、「上野町三丁目」下車徒歩3分。
駐車場:かつてはかなり広い無料駐車場があったが、平成25年より道を挟んだ南側の駐車場(18台)に移っている(有料か無料かは未確認)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日・年末年始。その他、館内整理日等のため臨時に休館する場合があり

※薬師如来像は、特別展がある時など、しまわれてしまう時もあるそうなので確認したほうがいいと思われる

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 関東地方, 白鳳時代, 銅造、金属製, 如来, 地方仏, 博物館,美術館, 仏像, 東京都, 多摩地区

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

阿弥陀如来右下より
福王寺(長野県佐久市)— 災難を乗り越えてきた堂々たる阿弥陀如来と仏たち

長野県は私にとっては縁の深い地である。山と自然を愛する家族に生まれ、愛知県からは …

風神
円明寺(岐阜県可児市)【後編】— 五大明王磚仏と弁財天、緻密な釈迦三尊像

 — 前編より 岐阜県可児市には優れた仏像が遺されているが、土岐源氏の城のあった …

現在の大仏の顔
東大寺大仏殿(奈良県奈良市)その(1)― 天平時代の大仏さんはどんな顔だった?

  奈良といえばやはり何と言っても東大寺であり、そしてやっぱり奈良の大 …

no image
三千院(京都府京都市下京区)― シャクナゲの咲き乱れる来迎の庭

大原は京都市街からは北東の方角へと一山越えたところにあるのどかな山村である。比叡 …

千手観音立像
智満寺(静岡県島田市)— 存在感溢れる個性豊かな千手観音

静岡県には新幹線や東名高速が通り、東京から西へと向かう人たち、もしくは西から東京 …

薬師如来と地蔵菩薩
竹林寺(奈良県桜井市)―鋭く深い彫りの衣紋が素晴らしい薬師如来

南円堂や東大寺などをめぐった奈良の旅も、この日が最終日。 本当は27日に奈良を離 …

吉祥天 上半身
地福院(静岡県河津町)— 破損しつつも女性らしき暖かさと美しさを感じさせる吉祥天

南伊豆の河津と言えば、何と言っても河津桜であろう。ソメイヨシノなどの桜よりも1ヶ …

屋根に止まったアオサギ
新薬師寺(奈良県奈良市)本堂の屋根で鳴くアオサギ 〜 人もまばらな室生寺へ(奈良県宇陀市室生区)

奈良旅最終日は、まず新薬師寺へ。こちらも執金剛神の前回のご開帳の時に訪れて以来な …

シャクナゲの室生寺(奈良県宇陀市)

春は花の季節。巷にも花は咲き乱れ、気温も暖かくなり日差しも明るく、新たな生命の息 …