祇是未在

ソゾタケの仏像日記

峰寺山 西光院(茨城県)―巨大な”マイク観音”

      2014/03/01

筑波山の北東に、峰寺山 西光院(みねでらさん・さいこういん)という小さなお寺がある。

仏像仲間の中でも話題になることが多く、近くを通る時はぜひ訪れたほうがいいと教えられていたところだ。

西光院入口

道は決して悪くなく狭くもないが、結構な山道を上り、動物園のような「東筑波ユートピア」というところのすぐ隣に峰寺西光院はある。門前に無料駐車場がある。

西光院は徳一上人の開山と伝えられ、最初は法相宗であったのが、後に真言宗、さらに天台宗へと改宗している。

参道を上がっていくと、民家っぽい建物が見えてくるが、実はこれがお寺の庫裏であった。どうもお寺っぽくない。

西光院庫裏

そこを過ぎたところに、今度は田舎の消防団のような2階建てに見える鉄筋らしき建物がある。

西光院観音堂

これが実は立木観音堂で、ここの中に立木観音像がいらっしゃるというが、この建物の外観からだとイマイチ想像がつかない。

外から見ると足元だけが見えている。

観音堂入口

どんなものだろう、と思いつつ中に入ると、思わず声を挙げてしまった。

十一面観音菩薩立像(立木観音) (平安時代)ヒノキ材寄木造 像高597cm 県指定文化財

十一面観音菩薩像 全体

大きい!さすがに6mに迫る像は圧倒的である。

台座がなく、修理時のものと思われる自然木の根が矧ぎつけられていることから、本来は立木観音であったと考えられている。墨書から、もともとは麓にあった立木山高照院長谷寺というお寺の本尊であったらしい。平安時代の作と考えられている。

十一面観音像近影

立木仏だけに寸胴というのもあるが、表情や造形が地方仏らしく素朴で、なんとも優しい表情だ。つい微笑んでしまう魅力がある。

右手に持つのはおそらく蓮茎だろうが、まるでマイクを持っているようにも見える。1曲歌ってくれそうだ。

観音像 右斜め下から

グローブのような手がまたなんとも温かみがある。とても大きいが、とても愛らしい観音様である。

観音像 左手

 

観音さんの前は常陸七福神の毘沙門天さん。なんだか猪八戒のような。。。

毘沙門天

 

この観音堂からさらに奥へ進むと、本堂が見えてくる。この建物はかなり屋根も大きく、組物も三手先まであるかなり本格的なものだ。

西光院本堂

 

さらに、遠目にはわかりづらかったが、近くに行くと、かなり高い立派な懸造であることがわかる。このことから、西光院は「関東の清水寺」とも呼ばれている。

本堂の掛造

 

お堂の背面には岩が突き刺さっているようにも見えるが、岩のあったところにこのお堂を“懸けた”形なのだろう。聖なる岩にお堂を建てかけるというのは、兵庫県の圓教寺の摩尼殿のようによく見られるものだ。

西光院本堂 背面

正面に回って格子越しに暗い本堂の中を何とか見ると、新しめの木彫の小さな馬頭観音が祀られていて、その後ろには、先ほどの背面に見えた岩と同じと思われる巨岩がむき出しになって見える。本尊はこの岩そのもので、その自然石を馬頭観音になぞらえているそうだ。本堂と馬頭観音についての説明板の解説を読んでみると…

自然石の観音像を本尊とするこの寺の本堂は関東の清水寺と呼ばれ、岩棚状の細長い敷地の奥の崖に懸け出して建てられた懸造りの建物で、岩肌に脚柱を建て舞台型を作った上に、桁行三間梁間三間寄棟造りり瓦棒鉄板葺(もとこけら葺か)の本体を組んでいる。
この本堂は崖の表面に作り出された巨大な石仏の上半身をおおうように作られた珍らしいもので、現在の建物は江戸時代末期頃と推定されるが、石仏が火災にあっているところから、前身堂が消失したのが判り、寺院創立は相当古いと見られる。(原文ママ)

とある。

つまり、ちゃんと石仏として作られているということだ。

見ると、白っぽいかなりの巨岩が、上半分は丸っぽく、下半分は半円状に見えて分かれているのがわかるが、上側が顔で下が体の肩の部分ということだろうか。そうなると、相当に大きな磨崖仏ということになるだろう。

 

舞台からは麓の田園風景が広々と見晴かせて非常に気持ちがいい。

西光院本堂

本堂脇の如意輪観音の石仏。光背がついているのが珍しい。

如意輪観音石仏

 

本堂から戻り、ご朱印をいただくべく声をかけると、ご住職と奥様が丁寧に対応して下さった。かなりの山奥で、生活するには大変な場所だろうと思う。

とてもいいお寺だった。またぜひ訪れたい。

 

【西光院(さいこういん)】

〒315-0156 茨城県石岡市吉生2734
TEL:0299-43-6938
拝観料:無料
拝観:9:00〜16:00
駐車場:門前に10台ほど止められる駐車場あり(無料)

 

 - 平安時代, 寄木造, 菩薩, 地方仏, 建築, 仏像, 茨城県

Comment

  1. […] window.adsbygoogle || []).push({}); 標高528mのきのこ山に登るには、関東の清水寺と称される名刹西光院側から県道7号線を辿っていけば、車で頂上まで行けちゃいますが、今回は敢えて西側から […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

聖観音菩薩近影
浄土寺(岐阜県岐阜市福富)— 頭の大きな平安仏と、つるっとした鎌倉仏

私の地元は愛知県犬山市である。ここには国宝4城のひとつである犬山城や明治村など、 …

石段を登る
百済寺(滋賀県東近江市)— 湖東三山開帳③ 異様で独特な植木観音

西明寺と金剛輪寺は車で5分程度の距離にあるが、百済寺(ひゃくさいじ)は湖東三山の …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

地蔵菩薩立像と室生寺光背
安産寺(奈良県宇陀市室生区)― 住民とともにある地蔵菩薩の心

奈良の中央の東部あたりの山間のお寺というと、長谷寺と室生寺がセットで紹介されるこ …

月光菩薩 表情
佛谷寺(島根県美保関町)— 独特で印象的な「出雲様式」の5体の仏像たち

『出雲国風土記』は非常に興味深い書である。現存する風土記の中では最も完全なものに …

地蔵菩薩立像全体
円明寺(岐阜県可児市)【前編】— 土岐氏由来の古刹に展開する仏像ワールド

岐阜県可児市は私の出身地である愛知県犬山市と県境を挟んだ隣であることは前回のエン …

虚空蔵菩薩上半身
額安寺(奈良県大和郡山市)— 深い歴史を静かに物語る彩色美しい日本最古の乾漆虚空蔵菩薩

前回のエントリで取り上げた旧白米寺収蔵庫からは、北西に3キロほど、車で10分ほど …

笛を吹く飛天
薬師寺東塔水煙降臨展(奈良県奈良市)―長年見上げてきた”凍れる音楽”の頂

  家族での所用があり、普段は帰ることのないこの時期に実家である愛知県 …

岡本神社 十一面観音坐像 上半身斜めから
「観音の里の祈りと暮らし展Ⅱ—びわ湖・長浜のホトケたち—」(東京都・東京藝術大学美術館)(後編)

(前編より) 上野・東京藝術大学美術館では、2016年8月7日(日)までの日程で …

阿弥陀如来右下より
福王寺(長野県佐久市)— 災難を乗り越えてきた堂々たる阿弥陀如来と仏たち

長野県は私にとっては縁の深い地である。山と自然を愛する家族に生まれ、愛知県からは …