祇是未在

ソゾタケの仏像日記

専長寺(愛知県西尾市)―京都から遷されてきた美しく気高い阿弥陀如来座像

      2015/10/06

西尾というとまず浄名寺、というイメージだったが、他にも近くにいい仏像が安置されたお寺があるか調べてみたところ、名古屋仏像研究会のナルサワさんのサイトである仏像ワンダーランドで、いくつかのお寺がヒットした。このサイトは、滋賀県の仏像情報を中心に、中部の仏像の情報も充実している。

今では西尾市に編入されたもと吉良町の吉良吉田専長寺という寺があり、そこに美しい阿弥陀如来がいるということで電話予約をしてお邪魔させていだくことにした。

懐かしの吉良吉田駅の横の踏切を通り、件の腰を下ろしていておじいさんに叱られたホームをチラリと横目に見つつ、狭い路地へと入る。お寺の西側に広い駐車場があった。

山門

山門の脇には、砂岩質らしき材質で作られたと思われる石仏がたくさん並んでいる。

山門脇の石仏群

 

かなり溶けているような状態なので像容がよくわからないものもあるが、この像などはそれでも、おそらく馬頭観音であろうと推測がついたりして、それはそれで面白いな、と思った。

馬頭観音と思われる石仏

 

本堂はなかなか堂々たる建物である。隣の庫裏で呼び鈴を鳴らし、連絡していた者であることを告げる。
専長寺本堂

靴を脱いで本堂の中に入ると、仏像の詳細を見るまでもなく、圧倒的なオーラに一気に引き込まれる。

 

阿弥陀如来座像(鎌倉時代) 寄木造 玉眼 像高145.5cm

阿弥陀如来坐像

一目見て、これは地方仏師の作ではない、と感じる。明らかに雰囲気が違う。大きさ的には半丈六だが、かなり大きく見える。

阿弥陀如来坐像 右から全体

中品中生の印が珍しい。そして指の表現がとてもきれいだ。

中品中生の印

ご住職のお話を聞くと、やはりというべきか、この仏像はもともと京都にあったという。

源実朝の夫人である本覚尼が京都の遍照光心院大通寺の本尊として造立したもので、廃仏毀釈の煽りで京都誓願寺の末寺に安置されたままになっていたところ、こちらのお寺と縁があったことから、当時のご住職が許可を得て遷してきたそうだ。

阿弥陀如来坐像 正面

とてつもないパワーがある完成度の高い造形で、かなり引き込まれる。美しく、気高さもある。

阿弥陀如来坐像 正面

こう言っては失礼だが、まさか吉良吉田にこれほど素晴らしい阿弥陀如来坐像がいたとは本当に驚きだった。しかし、この後に訪問した金蓮寺にも国宝の弥陀堂があったりと、この一帯はかつては高い文化を誇っていたのであろう。

 

本尊に向かって左の間の阿弥陀如来立像も、外陣からだとやや遠くて詳しくはわからないものの、非常に秀逸である。

阿弥陀如来立像(鎌倉時代)一木割矧造 玉眼 像高90.8cm 市指定文化財

阿弥陀如来立像

近隣の東林寺(廃寺)というお寺の本尊だったそうだが、造形的にも様式的にも快慶の晩年の作風をよく表しているといい、足枘に銘はないものの、快慶に連なる仏師による作と考えられているそうだ。

 

専長寺のご住職はかなりのご高齢で、最近口腔内の手術をされたということでお言葉がハッキリしなくて申し訳ない、とおっしゃっていたが、この仏像に対する思いが十分に伝わって来た。話すのも大変だったはずだが、本当に丁寧に接していただき感謝である。

これほどの仏像をこの地で維持していくのは相当なご苦労もあることだろうが、不思議な縁でこちらに移ってきた仏像、これからもこの地で守り伝え続けてほしいと思う。

 

【専長寺(せんちょうじ)】

〒444-0516 西尾市吉良町吉田斉藤久100
TEL: 0563-32-0671(拝観要予約)
拝観料:志納
アクセス:名鉄西尾線 吉良吉田駅下車 徒歩6分
駐車場:寺の西側に広い駐車場あり(無料)

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 鎌倉時代, 寄木造, 如来, 仏像, 快慶, 愛知県

Comment

  1. 伊熊泰子(いぐま・やすこ) より:

    初めてご連絡いたします。
    雑誌「芸術新潮」の編集をしている者です。
    ソゾタケさんの撮影された阿弥陀如来坐像がすばらしく、お願いしたいことがありまして、書き込ませていただきました。
    恐れ入りますが、私のアドレス宛てにメールをいただけるでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

釈迦如来坐像
大報恩寺(京都府京都市上京区)― 千本釈迦堂の一大慶派ワールド

  私は両親の趣味からして仏像に物心つく前から触れる機会に恵まれてきた …

十一面観音近影
正楽寺(奈良県北葛城郡広陵町)―堂々たる像高2m超の十一面観音

法隆寺のある斑鳩から三輪山方面へと、現在の地図上でも斜めに走る道がある。これはか …

不動明王坐像
大聖寺(山梨県南巨摩郡身延町)―都の清涼殿に安置されていたという不動明王坐像

今年の夏の家族旅行は山梨県の南部。 山梨というと、前回のエントリでも書いた福光園 …

大日如来坐像 横顔
正覚寺(奈良県橿原市十市町)―地域を守る穏やかでおおらかな大日如来

大和高田から橿原市北部へと移動し、昼食をとるためにいったん箸墓の前にある三輪そう …

上り口
金剛輪寺(滋賀県愛荘町)— 湖東三山開帳② とてつもないパワーを秘めた「生身の観音」

西明寺を後にして、湖東三山の二山目である金剛輪寺へ向かう。

天部立像3体
清浄院(茨城県桜川市真壁町)— 3体の印象的な天部像

菊蓮寺から再び南下し、友部ジャンクションで今度は北関東自動車道を西へと走る。この …

内陣
極楽寺(東京都八王子市)― 微笑んで来迎!歯吹きの阿弥陀如来

  多摩地区は戦災などの影響が都心に比べると少なかったことで、多くの仏 …

楽法寺山門
楽法寺(茨城県桜川市)— 引き込まれる異質な雰囲気の雨引観音

日本には数多くの巡礼というものがあるが、お遍路さんと並んで最も著名なのが百観音巡 …

十二神将公開のポスター
大月市郷土資料館(山梨県大月市)―宝鏡寺の素朴な十二神将像

大月(おおつき)というと、東京から甲府盆地へ向かう途中で富士山方面への分岐点、と …

阿弥陀如来右下より
福王寺(長野県佐久市)— 災難を乗り越えてきた堂々たる阿弥陀如来と仏たち

長野県は私にとっては縁の深い地である。山と自然を愛する家族に生まれ、愛知県からは …