祇是未在

ソゾタケの仏像日記

浄名寺(愛知県西尾市)―母性そのものの円空の立木仏

      2014/03/01

羽島で円空に癒やされてから名古屋へ出て、名古屋の仏像仲間たち(名古屋仏像研究会)の忘年会に参加、そのまま名古屋に宿泊した。

翌日もどこかお寺めぐりしたいと思い、せっかく羽島で円空熱が高まり始めたところなので、以前より仲間たちのツィートなどで気になっていた西尾市の浄名寺へと行ってみることにした。

浄名寺外観

西尾は三河の茶どころとして地元では知られている。最近では中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手の出身地であることの方が有名な気もするが、私としても、小学生の頃からちょくちょく訪れていた場所でもある。

小学生の頃は夏休みになると、名鉄電車を一人で乗り回していた。

西尾や蒲郡にも来ていたが、今では合併で西尾市に組み込まれたという吉良吉田(きらよしだ、吉良上野介の所領地として知られる)なども、西尾線と三河線との乗り換えでよく使ったものだ。今では吉良吉田まで来ていた名鉄三河線は途中までで廃止になってしまったので、あの特異な三角構造のホームもなくなってしまったことだろう。小学4年の時だろうか、電車が来ないので吉良吉田駅のホームに座っていたら、おじいさんに「地面に座っていいのは兵隊だけだ!」と叱られたのを思い出す。今考えても意味不明だが、それもまたいい思い出だ。

そうして巡っていた頃からはかなり久しぶりとなる西尾市であるが、名古屋からは思ったよりも遠かった。しかし国道23号線のバイパスが立派で、ほとんど高速道路のような状態だったこともあり、雨の中、スムーズに西尾へと到着した。

浄名寺は少しわかりづらいところにあり、狭い道を入る状態ではあったが、門前に広い駐車場が用意されていた。

本堂らしき正面のお堂に向かって左側に小さなお堂があり、そちらに円空仏が入っている。本堂でお聞きした所、自分で戸を開けて入って良い、とのことだった。

浄名寺 円空仏が入っているお堂

 

円空作 観音菩薩像(江戸時代 延宝2年頃)ケヤキ材一木造(立木仏)像高270cm 市指定文化財

観音菩薩像

思っていたよりもはるかに大きい。厨子にギリギリに入っている感じだ。

独特な像容は、この仏像が立木仏だからである。

観音菩薩像 左前から

立木仏とは、立った状態の生えている木に直接彫って仏像にすることで、霊木信仰的な要素や自然崇敬の雰囲気がある。日本各地に様々な立木仏があり、多くはその木のもっている雰囲気をそのまま活かしていたり、信仰的な意味で節を残したりしているそうだ。

この像はまさにそうした木の本来持つ生命的なうねりの部分を活かして作られている。木の温かな風合いをも出しているところはさすがと言えるだろうか。

観音菩薩像

この仏像はもともとは伊勢にあったものだという。明治政府の愚策・神仏分離令によって引き起こされた廃仏毀釈は、お伊勢さんのお膝元の伊勢ではかなりの激しさであったという。それによって数多くの仏像が難を逃れるために船で対岸の三河などへと移されたといい、この像もその1つであると考えられている。円空は延宝2年あたりに伊勢で造像を行っていることから、その頃の作品であるようだ。

この像をひと目見て、「これは、母親だ!」と私は心の中で叫んだ。まさにそんな雰囲気である。

中観音堂の観音像も母を感じさせるものがあったが、この仏像はとりわけ大きな愛を感じさせる母性をもっているように思えた。

円空は母親を洪水で亡くしている。円空の彫る如来像の足元に水を感じさせる造形が多いのはそのため、という説もあるようだが、優しい顔を彫るとき、円空は母への思いを抱いていたのだろうか。

観音菩薩像 近影左から

 

 【浄名寺(じょうみょうじ)】 

〒444-0315 西尾市徳永町東側
TEL:0563-59-4135
アクセス:名鉄西尾線西尾駅からタクシーで20分
駐車場:門前に広い駐車場あり(無料)

 - 江戸時代, 一木造, 菩薩, 円空, 仏像, 愛知県

Comment

  1. […] 詳しくはこの方がとても詳しくご紹介して下さっているので、こちらをご覧下さいませ(お写真もお借り致しました)。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地蔵菩薩立像と室生寺光背
安産寺(奈良県宇陀市室生区)― 住民とともにある地蔵菩薩の心

奈良の中央の東部あたりの山間のお寺というと、長谷寺と室生寺がセットで紹介されるこ …

現在の大仏の顔
東大寺大仏殿(奈良県奈良市)その(1)― 天平時代の大仏さんはどんな顔だった?

  奈良といえばやはり何と言っても東大寺であり、そしてやっぱり奈良の大 …

弥勒如来 胸から上 左側から
弥勒教会(茨城県笠間市)— ゴージャスな衣紋をまとった堂々たる弥勒仏立像

関東一都六県のうちの一つである茨城県というと、水戸納豆と水戸黄門のイメージが強い …

阿弥陀如来右下より
福王寺(長野県佐久市)— 災難を乗り越えてきた堂々たる阿弥陀如来と仏たち

長野県は私にとっては縁の深い地である。山と自然を愛する家族に生まれ、愛知県からは …

風神
円明寺(岐阜県可児市)【後編】— 五大明王磚仏と弁財天、緻密な釈迦三尊像

 — 前編より 岐阜県可児市には優れた仏像が遺されているが、土岐源氏の城のあった …

大日如来上半身
阿日寺(奈良県香芝市)— 恵心僧都生誕の地に広がる来迎ワールドと独特な魅力を湛える大日如来

恵心僧都・源信といえば、『往生要集』を著したことで知られる。この書は、後に法然や …

壽宝寺千手観音像
壽宝寺(京都府京田辺市)—昼と夜の顔をもつ真数千手観音

奈良滞在も3日目となり、いよいよ今回の奈良旅のメインである東大寺の良弁忌の日とな …

岡本神社 十一面観音坐像 上半身斜めから
「観音の里の祈りと暮らし展Ⅱ—びわ湖・長浜のホトケたち—」(東京都・東京藝術大学美術館)(後編)

(前編より) 上野・東京藝術大学美術館では、2016年8月7日(日)までの日程で …

聖観音菩薩近影
浄土寺(岐阜県岐阜市福富)— 頭の大きな平安仏と、つるっとした鎌倉仏

私の地元は愛知県犬山市である。ここには国宝4城のひとつである犬山城や明治村など、 …

十一面観音 顔近影 左側面
置恩寺(奈良県葛城市)―絶妙なバランスで立つ凛々しき観音

2日目は4つの寺院を巡る。 まずは奈良盆地の南西、葛城山の山裾にある置恩寺へ。 …