祗是未在

ソゾタケの仏像日記

竹林寺(奈良県桜井市)―鋭く深い彫りの衣紋が素晴らしい薬師如来

      2014/03/01

南円堂や東大寺などをめぐった奈良の旅も、この日が最終日。

本当は27日に奈良を離れる予定だったが、1日延長した。先日、仏像仲間たちのブログにアップされていて非常に興味を持った桜井市の山中にある竹林寺の薬師如来が、4月28日にご開帳になるということに気づいて、ぜひ拝観したいと思ったからである。

奈良公園の鹿ともひとまずしばしのお別れ。

眠そうな鹿

 

奈良市から長年通い続けた天理I.C.への道を南下し、今日は一旦インターチェンジを通りすぎてさらに南へ。桜井線を越えて箸墓の前へと至る跨線橋のすぐ手前の交差点を左折し、右手に三輪山を眺めつつ、山の中へと車を走らせる。

次第に道は細くなり、時折、山村を通り過ぎつつカーブを描きながら杉木立の中をどんどん登り、40分ほど走った所で、道端に赤い幟が立っている小さな集落に出た。幟には「笠山三宝荒神大祭」などと書かれている。幟の先には石柱に「笠山荒神」と刻まれている。

竹林寺への道

この地域は桜井市の笠、という地区で、非常にひなびた山村ではあるが、この笠山荒神社があることで有名な地区だ。笠山荒神社は日本三荒神と呼ばれる内の一つであり、かまどの神としても知られるが、奈良時代からの由緒ある神ということだ。

もともとは寺内社としてあった笠山荒神が明治の神仏分離令で現在地へと遷座する。その、移る前にあったお寺というのが竹林寺なのだ。

幟が立っているところから鋭角にターンして、先ほどの写真の細い急傾斜の道を登って行く。すれ違いは無理なので、車で訪れる際は十分に注意されたい。笠山荒神に行くだけであれば、この妙圓寺側からではなく、峰をはさんだ反対側の「笠そば処」に車を停めて歩いて入った方がいいらしい。

狭い道を通って森を抜けると、春の陽光が眩しい。すると、「竹林寺文化財案内」、と書かれた看板が出ていた。

竹林寺看板

そこから左へ曲がって一段上がると、広場のようなところに出る。その奥にまるで集会場のような建物が見えるが、これが竹林寺の本堂である。

竹林寺本堂

車を置いて本堂へ行くと、扉は開け放たれ、地域のハッピを着た皆さんがお茶やお酒を飲んでいた。今日はご開帳というだけではなく、年に3回ある笠山荒神社の大祭なのだ。先ほど幟はそのために立てられているようだ。遠方からも駆けつけて大変賑わうという荒神祭だが、竹林寺に訪れる人は少ないようだ。

本堂をお参りしていいか尋ねると、大変快くどうぞどうぞと招き入れてくださる。

本堂には、ひょろりとして黒く、光背の朱が印象的な十一面観音立像(制作年代不明)がいらっしゃった。

十一面観音

なぜか槍のようなモリのようなものを持っている。横から見ると非常に体が薄い。こうした像は神社との関連があると思われるがよくわからない。とても印象的な仏像である。それにしても、像の周りのあちこちに置かれている防虫剤がちょっと…。頭上面の間にもはさんであるではないか。

水瓶の上にも載っている。これがまた微妙なところに載っていて落としそう。観音様も手が疲れそうだ(笑)

防虫剤

 

本堂を出てそのすぐ裏手へ行くと、収蔵庫が姿を現す。扉が開け放たれ、中では巡礼姿の薬師信仰らしい方たちがお経をあげていた。

竹林寺収蔵庫

しばらく待っていると、先ほどの本堂にいたハッピ衆のおじさんが来て下さり、外でいろいろと説明して下さった。10分ほどおじさんと話していたらお経が終わり、信徒のみなさんがニコニコと会釈をしてくださりつつ去っていったので中へと入る。

薬師如来像と地蔵菩薩像

中に入ると、左に鎌倉時代作のかわいらしくも綺麗な地蔵菩薩立像(県指定文化財)。そして右にいらっしゃるのが今回のお目当ての仏像である。

 

薬師如来立像(平安時代初期)ヒノキ材一木造 像高194.3cm  国指定重要文化財

薬師如来立像

平安初期の一木造で、両手から先は別材、背面に割矧ぎがある。螺髪は植え付けということだ。長谷寺十一面観音と同材で作られたという寺伝がある。手は後補のようだが、室生寺金堂の本尊・伝釈迦如来立像(実際は薬師如来立像)と同じく、薬壺を持たない古式の造形である。

一目見て釘付けになった。

厳しい表情や、突兀と隆起した螺髪から弘仁仏らしさをひしひしと感じるが、何と言っても、衣紋のあまりにも素晴らしい彫刻から目が離せなくなった。

薬師如来立像の衣紋

ため息がでる美しい衣紋だ。衣紋の端のあたりなどは刺さりそうだ。

私は衣紋の彫りの素晴らしい仏像にはかなり惹かれる。先述の奈良・室生寺金堂の伝釈迦如来立像、京都・宝菩提院願徳寺の伝如意輪観音像、奈良・室生寺の釈迦如来坐像、京都・神護寺の薬師如来立像、大阪・獅子窟寺の薬師如来坐像などなど(いずれも国宝)。

いずれも平安時代初期の弘仁仏であり、同じ時代のこの薬師如来像の衣紋もやはり素晴らしい。表情や表現からしても、神護寺薬師如来に共通する鋭いシンパシーをどうしても感じる。

腿のあたりのY字状衣紋は弘仁仏によく見られる表現だが、規則的に刻まれるのではなく、独特なリズムで刻まれている。腕から垂れ下がる衣紋の造形もリアルでありかつ非常に美しく、エッジがビシバシに効いていて惚れ惚れする。同じリズムではないところに、形式的ではないとてつもないパワーを感じさせる。

防虫剤

そしてやっぱりここにも防虫剤が…。ケースなり引き出しなりに入っていない状態での防虫剤は意味が無いという話だったような気がするが…。

防虫剤はともかく、本当に素晴らしい仏像だった。衣紋だけではなく、”掘った”という仏師の息遣いも感じられた。またぜひ会いに来たいと思った。

薬師如来と地蔵菩薩

 

収蔵庫を出ると、快晴の真っ青な空に、萌え出たばかりの新緑が瑞々しい。

そこに、青空以上に青い羽をしたオオルリのとてもきれいな野鳥の声が響き渡っていた。

 

竹林寺(桜井市笠区) 

奈良県桜井市大字笠2340
TEL:0744-48-8556
拝観:年6回の御縁日のみ(笠山荒神大祭:1月28日、4月28日、9月28日/薬師縁日:4月8日、8月14日、9月8日)
拝観料: 300円
駐車場: 本堂前、本堂下にあり(無料)
アクセス: 近鉄桜井線「巻向駅」から約7.0km(車で15分、徒歩1時間半強)

 - 弘仁・貞観時代, 一木造, 如来, 仏像, 奈良県

Comment

  1. 千田寛仁 より:

    奈良市の薬師寺でさえ、薬師如来のやっこが手からなくなっとるし、
    竹林寺も、大親友の細川甫先生から教えてもらったけども、
    ご覧の通り、わけのわからんことになっとる。
    これが、キリスト教と日本の関係をごまかすためだったんだなと。

    細川先生の遺言は、お薬師様のやっこを乗せた手に戻して欲しいとのことです。
    ご協力いただければ幸甚です。

    あなたの素晴らしいサイトに感謝します。

  2. ソゾタケ より:

    >千田さま

    ご覧頂きましてありがとうございます。

    形にはいろいろな説があるとは思いますが、どのような形だったとしても、その仏様が
    最も大切にされ、愛される場所で、地域の皆さんの思いとともに、これからも
    守り続けられていくことを祈りたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

薬師如来右斜め前から
普門寺(山梨県山梨市牧丘町)— つるっとした素朴な薬師如来の目の謎

山梨県には素晴らしい仏像がたくさんあるが、山梨の文化財の仏像は、ご開帳日を春に設 …

千手観音立像
智満寺(静岡県島田市)— 存在感溢れる個性豊かな千手観音

静岡県には新幹線や東名高速が通り、東京から西へと向かう人たち、もしくは西から東京 …

放光寺天弓愛染
山梨県立博物館(山梨県笛吹市)―「山梨の名宝」展

東京も多摩地区に住んでいると、山梨県は近い。渋滞さえなければ車でも電車でも1時間 …

阿弥陀如来 左側斜め下から
合原阿弥陀堂(長野県下條村)— 素朴で穏やかな藤原期の阿弥陀如来

長野県は近畿からすると決して近くはない場所であり、非常に山深く谷も深い。しかし、 …

金林寺破損仏5体
「祈りの道へ -四国遍路と土佐のほとけ-」展(東京都・多摩美術大学美術館)②

※すべての画像は本特別展監修者より提供を受け、掲載の許可をいただいています。(転 …

本堂
願興寺(岐阜県可児郡御嵩町)— かつての繁栄を物語る素晴らしき仏像群

岐阜県はかつては文化薫る街道沿いの街であった、と、このブログでも繰り返し書くとい …

十一面観音像近影
峰寺山 西光院(茨城県)―巨大な”マイク観音”

筑波山の北東に、峰寺山 西光院(みねでらさん・さいこういん)という小さなお寺があ …

阿弥陀如来横顔
保昌寺(宮城県刈田郡蔵王町)―平泉文化に通じる丈六阿弥陀如来

  蔵王温泉では、「四季のホテル」というところに宿泊したが、とても良か …

観音菩薩に後光が
西井戸堂妙感寺(奈良県天理市)― 天平時代の塑像の心木を収めた鞘仏

唐招提寺のあとは、近鉄奈良駅近くのさくらバーガーで、東京から来た友人3人と合流し …

旧白米寺収蔵庫(奈良県磯城郡川西町)— 見事な衣紋の堂々たる地蔵菩薩

生まれてこの方、奈良に通うようになってからずいぶんと長い年月が経っているが、その …