祇是未在

ソゾタケの仏像日記

大聖寺(山梨県南巨摩郡身延町)―都の清涼殿に安置されていたという不動明王坐像

      2014/03/01

今年の夏の家族旅行は山梨県の南部

山梨というと、前回のエントリでも書いた福光園寺(ふっこうおんじ)吉祥天および二天像を筆頭に、数多くの素晴らしい仏像がある。

今回は県南部への旅行ということでその地域のお寺を調べてみたが、開帳日は春に決められているお寺が多い。今回はあまりお寺めぐりはできないかな、と思いつつももう少し調べてみると、富士川沿いの大聖寺(だいしょうじ)というお寺に平安時代の不動明王がいらっしゃることがわかった。

拝観についてはわからなかったが、この日は28日で不動明王の縁日。うまく法要のタイミングに合えば拝観させていただけるかもしれない。下部温泉へのちょうど道すがら、ということもあり寄ってみた。

大聖寺外観

背後には森を背負い、門を入ったところには、石段の手前に大きな木がある。独特でとてもいい雰囲気だ。

 

大きなケヤキは主幹部は空洞になっているが、未だに瑞々しい緑の歯を茂らせている。樹齢900年ということだ。

大聖寺のケヤキ

 

大聖寺本堂。破風の部分がとてもきれいだ。

大聖寺本堂

本堂前には銅製と見える不動明王像もあった。

大聖寺 本堂前の不動明王

お堂の前まで来ると、扉が開いており、はたしてお堂からお経らしきものが聞こえてくるではないか。ちょうど法要をしているようだ。

しばらく外で待っていると法要が終わり、中からお寺の方と思しき女性が降りてきて、どうぞ、と言ってくださった。いつもは開帳していませんが今開いていますので、と言う。ちょうどいいタイミングだったようだ。

中に入ると、護摩の火を消したばかりの煙でもうもうとしている。護摩壇の周囲では、山伏の格好をした4名ほどの方が法要の後片付けをしていた。その中のお一人がいろいろと説明をして下さった。

この寺は、平安時代末期に新羅三郎源義光が開いたそうだ。その後、義光の曾孫である加賀美遠光が都で魔物を退散させたことの褒美として、宮中・清涼殿に祀られていたという不動明王を下賜され、それが現在こちらのお寺にいらっしゃる不動明王である、ということである。

不動明王坐像(藤原時代)ヒノキ材 像高84.4cm 国指定重要文化財
不動明王坐像

不動明王には「大師様」と「十九観様」という2つの様式がある。

簡単に言うと、大師様は、総髪で三つ編みの辮髪を垂らす目は両目とも見開く上顎の歯で下唇を噛む、という形式であり、弘法大師が唐から持ち帰ったと言われる様式である。代表作は東寺講堂の不動明王(国宝)

不動明王坐像 

十九観様式は、髪の毛はチリチリ目は片目は開き片目は半眼で上下をにらむ天地眼右の牙を上左の牙を下に出す牙上下出、というもので、天台宗の僧・安然による「不動十九観」に基づくものだ。代表例としては、金剛寺(東京都日野市)の高幡不動こと不動明王(国重文)や、浄楽寺(神奈川県横須賀市)の不動明王(運慶作・国重文)などであろう。

一般的には大師様の方が古式であるとされる。

また、これ以外にも願成就院(静岡県伊豆の国市)の不動明王(運慶作・国宝)などのように、ミックスされたような感じの像も多い。

 

この不動明王は、髪の毛は総髪で、目は両目とも見開き、上顎の歯で下唇を噛む、という典型的な大師様である。

不動明王坐像

清涼殿に祀られていたというのが真実かどうかはわからないが、地方仏の雰囲気ではなさそうだ。とてもよくまとまっておりバランスもいい。

不動明王 羂索

 

辮髪の三つ編みがとても綺麗なのが印象的だ。
不動明王 顔 左側面

 

突然の来訪にもかかわらず、非常に丁寧に対応していただいたことに御礼をして外に出る。

不動堂を振り返ると、破風の上にある鬼瓦のような鬼の面が、「また来いよ!」とでも言わんばかりにニンマリと笑っていた。

木製鬼瓦

 

 

大聖寺

〒409-3421 山梨県南巨摩郡身延町八日市場539
TEL:0556-42-2815
拝観:不明(4月29日は不動尊祭典があるが開帳されているか不明)
拝観料:志納
アクセス:身延町役場から車で4分/「八日市場」バス停から徒歩15分
駐車場:大聖寺門前にある身延町歴史民俗資料館と共通の広い駐車場がある(無料)

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 藤原時代, 一木造, 明王, 仏像, 山梨県

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地蔵菩薩立像と室生寺光背
安産寺(奈良県宇陀市室生区)― 住民とともにある地蔵菩薩の心

奈良の中央の東部あたりの山間のお寺というと、長谷寺と室生寺がセットで紹介されるこ …

虚空蔵菩薩上半身
額安寺(奈良県大和郡山市)— 深い歴史を静かに物語る彩色美しい日本最古の乾漆虚空蔵菩薩

前回のエントリで取り上げた旧白米寺収蔵庫からは、北西に3キロほど、車で10分ほど …

専長寺 阿弥陀如来坐像
専長寺(愛知県西尾市)―京都から遷されてきた美しく気高い阿弥陀如来座像

西尾というとまず浄名寺、というイメージだったが、他にも近くにいい仏像が安置された …

薬師如来と地蔵菩薩
竹林寺(奈良県桜井市)―鋭く深い彫りの衣紋が素晴らしい薬師如来

南円堂や東大寺などをめぐった奈良の旅も、この日が最終日。 本当は27日に奈良を離 …

地蔵菩薩 近影 右下から
大滝山地蔵院(鳥取県倉吉市)— 静かな温泉地を見守る半跏の丈六地蔵菩薩

城崎に泊まった翌日は鳥取へと抜け、三佛寺へと向かったが、ゲリラ豪雨に見舞われ、準 …

月光菩薩 表情
佛谷寺(島根県美保関町)— 独特で印象的な「出雲様式」の5体の仏像たち

『出雲国風土記』は非常に興味深い書である。現存する風土記の中では最も完全なものに …

山寺ご開帳フライヤ
立石寺(山形県山形市)―50年に1回のみのご開帳、堂々たる薬師如来

今年、山形がアツいのは、間違いなく立石寺、通称・山寺のご本尊である薬師如来が50 …

中観音堂、長間薬師寺(岐阜県羽島市)―円空の出生地、温和な薬師如来とやんちゃな護法神

年末はだいたい、実家である愛知県犬山市へと帰省する。年越しをしてすぐ東京に帰って …

岡本神社 十一面観音坐像 上半身斜めから
「観音の里の祈りと暮らし展Ⅱ—びわ湖・長浜のホトケたち—」(東京都・東京藝術大学美術館)(後編)

(前編より) 上野・東京藝術大学美術館では、2016年8月7日(日)までの日程で …

岡倉天心と文化財展フライヤ
天心記念五浦美術館「岡倉天心と文化財」展(茨城県北茨城市)―茨城の重厚な仏像

五浦(いづら、いつうら)というのはどこかで聞いたことがあるな、と思っていたが、東 …