祗是未在

ソゾタケの仏像日記

西井戸堂妙感寺(奈良県天理市)― 天平時代の塑像の心木を収めた鞘仏

      2014/03/01

唐招提寺のあとは、近鉄奈良駅近くのさくらバーガーで、東京から来た友人3人と合流してお昼。

さくらバーガー

ここからは友人たちと奈良でもあまり知られていないような小さな寺院を訪ねて歩いた。

まず最初に訪れたのが、天理市街の西方にある西井戸堂集落にある妙感寺である。周囲の道も狭く、昔ながらの雰囲気のある集落だ。

妙感寺

妙感寺は山邊御縣坐神社(やまべのみあがたにますじんじゃ)という神社の中にある。もともとはこの神社の神宮寺だったという。

妙感寺本堂の屋根

 

境内にあった石仏。日月の刻印もあるが、禅定印でもあり薬壺もないため薬師如来っぽくもない。何の像だろうか。

境内の石仏

到着した時にはすでに世話役のお二人が待っていてくださった。お堂を開くと、金色の外幕のかかった厨子の中に、大きな影がすでに見えた。

 

十一面観音立像(藤原時代)像高263.0㎝(台座含む)244.8㎝(台座含まない) 国重文

十一面観音菩薩

何も知らなくても、その堂々たる体躯といい、気高い表情からは感銘を受けたことだろう。

十一面観音菩薩表情

大きな体から水が流れ落ちるような美しい衣紋も素晴らしい。

十一面観音下半身

塑像心木

塑像の心木とそれを覆う現在の観音の体部

何も知らなくても、と書いたのは、この仏像はさらに興味深い存在だからである。それは、この仏像がいわゆる「鞘仏」だということだ。

鞘仏とは、体内に古い像やその残骸などを収めた状態で作られているものだ。胎内仏とはまた意味合いが違うのだが、体内に収める、という意味では同じかもしれない。

この仏像の中には、天平時代の塑像の心木(しんぎ)が収められている。

2mを超える心木の上から、鉛筆のキャップのようにすっぽりとそれを覆うようにかぶせられている。さらに、調査によれば、塑像の心木を損なうことのないように造形されているという。また、この像の台座になっている部分はもともとの塑像の心木の部分だという。まさに、新旧合体の仏像なのであった。

この像の足下の衣紋は、キュッと外にふくらんでいるが、これは塑像の心木が太いために、それを削るのではなく、そこに合わせて造形を変えているのだという。変形させるのではなくそのまま残そうという意思が強く働いているということがわかる。

 

世話役の方が仏像の背面の壁を外して扉を開けてくださった。こんなのは初めてだが、リアルな後光が差してきた。

観音菩薩に後光が

 

背面に回ると、さらにその大きさや流麗さがわかりやすい。

観音菩薩背面

衣紋は簡素であるが、お腹あたりの肉付きなどは平安仏を感じさせる量感がある。腕あたりの「彫った」感がまたたまらない。

観音菩薩体部

足元を見てみると、確かに台座の部分はやや古く、その上にのっている仏像とは明らかに時代の違いを感じる。これが塑像の心木の一部だ。しかし大きな違和感がないほどにうまく作られている。

観音菩薩足下の塑像の心木の一部

旧像に対する思いの強さの表れそのもののような像だが、本来の像が何の像だったかはもうわからない。十一面観音であったものを写して作られたのかどうかもわからないが、きっと何かの記録をもとに作られているか、すでに破損激しい塑像の修理を諦めてこのような形で再興したとも考えられる。

塑像の十一面観音像は現代には伝わっていない。もし旧像も十一面観音であったならどんな像容だったのだろう。

観音菩薩近影

そのような想像をも超越するかのように静かに、そして堂々と、天平時代からのさまざまな人々の思いと祈りを内に秘めつつ、観音はただそこに立っているのであった。

 

西井戸観音堂妙感寺

奈良県天理市西井戸堂町339(山邊御縣坐神社内)
TEL:0743-62-0100(天理市教育委員会)
拝観:6/17、7/18、8/18に開帳(それ以外は要予約)
アクセス:近鉄天理線前栽駅下車徒歩30分ほど
駐車場:基本的にはなし

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 藤原時代, その他, 仏像, 奈良県

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

十一面観音像 斜め前からアップ
慶田寺(奈良県桜井市)—「いいお顔」の観音像のヒミツ

桜井市の北辺一帯は独特な雰囲気をもった空間だな、と子どものころからこの地を訪れな …

山寺ご開帳フライヤ
立石寺(山形県山形市)―50年に1回のみのご開帳、堂々たる薬師如来

今年、山形がアツいのは、間違いなく立石寺、通称・山寺のご本尊である薬師如来が50 …

慈恩寺秘仏展看板
慈恩寺(山形県寒河江市)―可憐な菩薩と個性的で素晴らしい造形の十二神将

4月は興福寺がアツかったが、5月は山形がアツい! なんといっても、山寺(立石寺) …

虚空蔵菩薩上半身
額安寺(奈良県大和郡山市)— 深い歴史を静かに物語る彩色美しい日本最古の乾漆虚空蔵菩薩

前回のエントリで取り上げた旧白米寺収蔵庫からは、北西に3キロほど、車で10分ほど …

参道
瑞巌寺(宮城県宮城郡松島町)―全面工事中 特別開帳の正観音立像

五大堂から道を渡り、瑞巌寺の参道へ向かう。 瑞巌寺は伊達政宗の菩提寺として有名で …

岡倉天心と文化財展フライヤ
天心記念五浦美術館「岡倉天心と文化財」展(茨城県北茨城市)―茨城の重厚な仏像

五浦(いづら、いつうら)というのはどこかで聞いたことがあるな、と思っていたが、東 …

入口の看板
南山城の古寺巡礼展(京都国立博物館)

京都というと祗園や清水、鴨川や御所、二条など、街の中心街の華やかなイメージが一般 …

風神
円明寺(岐阜県可児市)【後編】— 五大明王磚仏と弁財天、緻密な釈迦三尊像

 — 前編より 岐阜県可児市には優れた仏像が遺されているが、土岐源氏の城のあった …

瓊花その1
唐招提寺 御影堂供華園—奈良と揚州をつなぐ清楚な瓊花(奈良県奈良市)

室生寺から奈良市へ戻り、久々の秋篠寺に寄ったあと、少しだけ時間が余ったので唐招提 …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。