祗是未在

ソゾタケの仏像日記

置恩寺(奈良県葛城市)―絶妙なバランスで立つ凛々しき観音

      2014/03/01

2日目は4つの寺院を巡る。

まずは奈良盆地の南西、葛城山の山裾にある置恩寺へ。

奈良市街からは24号線と、今はまだ無料の京奈和道路の先行開通区間を通り、橿原市まで来て西へと方角を変える。左に大和三山を見ながら進み、當麻寺への道と同じルートで進むと山が迫ってくる。

置恩寺は當麻寺よりも南に離れた寺口という裾野の集落を抜けた上にある。

置恩寺外観

お堂の脇に車を停めて振り返ると、大和三山をはじめ、広々とした奈良盆地の南部を見晴かすことができる。

置恩寺からの奈良盆地

境内に入ると、なかなか時代を感じさせるお堂がいくつかあり、屋根などが少し傾いていて、30年前くらいの奈良のお寺を思い出させるものがある。有名な寺院はそんなことはなかったが、少し離れた寺院へ行くとどこもこんな感じだった。

葛城の山に抱かれた雰囲気がとてもいい。

置恩寺境内

その中にコンクリートでできたしっかりとした収蔵庫がある。

置恩寺境内と収蔵庫

 

十一面観音立像(藤原時代)像高172.0cm ヒノキ一木造 国指定重要文化財

十一面観音菩薩像全体

扉を開けた瞬間から、そのバランスには目を瞠った。不思議な立ち方なのだ。

十一面観音菩薩像斜めから全体

左足に重心を起きつつ、右足を少し曲げて体をくねらせて立っている。顔はしかしまっすぐ中央にある。少し真似してみたが、なかなか難しくてできなかった。

平安中期ということで藤原時代に入ろうという頃であろうが、足の衣紋には翻波衣紋の名残が見受けられる。

観音菩薩脚部の衣紋

この像は、そのスーパーボディのバランスの美しさもさることながら、何と言っても表情が非常に凛々しい。

十一面観音像 顔近影 正面

細面で眉の部分がキリリと上がり、目はややつり目でまっすぐ。唇は厚めの小さめ。鼻筋が通ったまさにイケメンだ。

十一面観音 顔近影 左側面

頭上面は後補らしいが、滋賀県の渡岸寺十一面観音像を想起させるほど大きい。主面は小顔ながら、この大きな頭上面がまた不思議なバランス感を創出しているようにも思う。

ほれぼれするような凜々しさである。

十一面観音 顔近影 左側面

観音にしか出せない水の流れるような立像の美しさであるが、この像はまた他とは違う独特な美しさを感じる観音であった。

お堂の中には三面荒神像もいた。玉眼で造形もかなりカッコイイ。

三宝荒神像

 

収蔵庫を出ると、寒い中、外で待っていてくださった地区長さんが「ウチの観音さん、きれいでっしゃろ?」と、穏やかながら誇らしげに話していたのが印象的だ。これからもずっとこの地区で守り伝え続けられていくことだろう。

山に抱かれたこの風土と、広々とした大和盆地を見下ろす風景、そしてこの美しい観音菩薩。心がしっとりと潤いを得るように洗われたような、そんな気持ちがした。

置恩寺前から空

置恩寺

奈良県葛城市寺口706
TEL:0745-48-2811(葛城市観光協会)
拝観:要予約
拝観料:志納
アクセス:近鉄御所線「新庄」駅下車 徒歩40分
駐車場:お寺周辺に駐車できる

 - 藤原時代, 一木造, 菩薩, 仏像, 奈良県

Comment

  1. 迦楼馬 より:

    初めまして、迦楼馬と申します。
    ハツコメント寄せさせていただきます。
    僕も昨年に置恩寺へお参りさせて頂いて十一面さんにお会いしてきました!
    僕は見るなり美しい方だなと非常に女性的な印象を受けました。
    ひねる腰つきに涼しげなお顔だと思ったのでソゾタケさんはイケメンと思われたっていうのが面白いなぁと思いました。
    やはり見る人によって感じ取り方は違うのだろうし、見る時の気分によっても違うんでしょうね。
    またこちらの十一面観音さんにお会いしたくなりました。

  2. ソゾタケ より:

    >迦楼馬さま
    コメントありがとうございます!はじめまして、というか、僕は実は迦楼馬さんの
    ブログは何度も拝見させていただいています。ご覧いただいて光栄です!
    ツィッターもフォローありがとうございます。僕もフォローさせていただきました。

    そうですよねー。仏像って見る人やその日の天候とか気分とかで大きく変わりますよね。
    そこがまた仏像を拝観する良さという気もします。昔、大学の時の美術科の彫刻の先生が、
    何か落ち込んでる時こそ仏像の真の姿が見える、なんて言っていたのを思い出しました。

    そして迦楼馬さんの現在のブログの最新記事は正覚寺じゃないですか!僕も次は
    そこを書いています(笑)

    今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大日如来坐像 横顔
正覚寺(奈良県橿原市十市町)―地域を守る穏やかでおおらかな大日如来

大和高田から橿原市北部へと移動し、昼食をとるためにいったん箸墓の前にある三輪そう …

千手観音立像
智満寺(静岡県島田市)— 存在感溢れる個性豊かな千手観音

静岡県には新幹線や東名高速が通り、東京から西へと向かう人たち、もしくは西から東京 …

月光菩薩 表情
佛谷寺(島根県美保関町)— 独特で印象的な「出雲様式」の5体の仏像たち

『出雲国風土記』は非常に興味深い書である。現存する風土記の中では最も完全なものに …

美江寺観音
岐阜市歴史博物館「岐阜の至宝展」(岐阜県岐阜市)―美江寺観音と塑像仏頭

  この日は犬山市にある桃太郎神社のコンクリート像(浅野祥雲作)の修復 …

転読とのセッション
犬山薬師寺(愛知県犬山市)— ようやく会えた平安仏とグルーブ住職の寺テクノ法要

今回、年越しで帰省せずにこのタイミングで帰省したのは、この薬師寺でのご開帳に合わ …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

薬師如来右斜め前から
普門寺(山梨県山梨市牧丘町)— つるっとした素朴な薬師如来の目の謎

山梨県には素晴らしい仏像がたくさんあるが、山梨の文化財の仏像は、ご開帳日を春に設 …

左斜め前から
真覚寺 薬師如来倚像(八王子郷土資料館寄託)―白鳳時代の銅像薬師如来

多摩の仏像についても折に触れて書いて行きたいと思う。 東京都の西部・多摩地区は、 …

執金剛神像
東大寺法華堂(奈良県奈良市)—紛う事なき塑像の最高傑作・執金剛神像

良弁(ろうべん・689-773)とは、東大寺の開山として知られる奈良時代の高僧で …

赤後寺千手観音像
観音の里の祈りとくらし展 (東京藝術大学大学美術館)

湖北、という言葉を聞くと、いつもほんわか暖かいものが胸に広がる。かつては実家に帰 …