祗是未在

ソゾタケの仏像日記

長谷本寺(奈良県大和高田市)ー長谷寺観音の当初の姿を遺すという美しい十一面観音

      2014/03/01

置恩寺から再び奈良盆地の中央へとくだり、大和高田市の市街地へと入る。

大和高田市は奈良県では最も人口密度が高いらしい。バブル期の大阪方面へのベッドタウンとして発展した経緯があるというが、中世より、高田城が築かれたり、江戸時代には高田御坊と言われる浄土真宗の大寺院・専立寺が環濠集落のような伽藍を構えたりと、中核都市として過去から充実していたようだ。

高田御坊太鼓楼

高田御坊に残る太鼓楼(市指定文化財)

 

長谷本寺は市街地にある。街は古く、あまり区画整理もされておらず道はかなり狭い。お寺の前には国道が通っているが一方通行であり、地図を見て、国道だし広い道だろうと安心して来るとちょっと驚くかもしれない。ちなみに、この通りは最古の官道である横大路である。

 

長谷本寺観音堂

長谷本寺観音堂

 

今回、あちこちのお寺でお堂の屋根に乗っている瓦製の動物のようなものが気になってよく見てしまう。これは「留蓋」と言い、もともとは雨漏りを防ぐための構造物らしいが、装飾性の高いものが多く、獅子や動物など、様々な形になっている。長谷本寺観音堂の留蓋は、ライチュウのような進化系獅子だった。

長谷本寺観音堂留蓋

お堂の上り口には仏像の足の先だけが置かれていて少し驚いた。これは何だろう?

観音の足

 

中に入ると正面にすらりとした観音像がこちらを穏やかに見つめているのが見えた。

十一面観音菩薩立像(藤原時代)一木造 像高156cm 奈良県指定文化財

十一面観音菩薩

右手に錫杖を持つ「長谷寺型」と呼ばれるタイプの十一面観音である。

寺伝では、この観音像を造像したのち、同材を使って初瀬の長谷寺十一面観音を作ったということで、そこから長谷本寺と名乗っているという。現在の長谷寺十一面観音は室町時代の作であり、当初像の姿をこの像に見ることができるのではないか、とも言われている。

十一面観音菩薩 右側面

表情はやや童顔で丸っこく、しかしながら派手さのないとてもきれいな顔立ちをされている。

十一面観音菩薩 正面

下半身はすらりとして水を流したようにスマートで、裾の衣紋の最上部にだけ翻波衣紋が見受けられ、名残を残している。岩座に立つところも長谷寺型をよく表している。

十一面観音菩薩 足元

ご住職の話では、この像は数年前に大きな修復を受けているのだそうだ。その時に金箔等を貼り直し、全身金ピカで帰っていらっしゃったが、その後に古色仕上げをされたのが現状なのだということだ。足先は、修理前のものは後補で本来の造形と合わなかったために研究しなおして作りなおして取り付けたという。お堂の玄関先にあったのは、修理で取り外された足先だったのだ。

 

この寺は他にも数多くの文化財となる仏像を保有している。

兜跋毘沙門天立像(藤原時代)ヒノキ一木造 像高112cm(地天女も含む)奈良県指定文化財

兜跋毘沙門天

兜跋毘沙門天というと、京都・東寺像が著名であり、それ以外だと岩手県の成島毘沙門堂藤里毘沙門堂なども知られているが、奈良県には兜跋毘沙門天は少ないという。 この像は兜跋毘沙門天にしては小ぶりであり、顔はなかなかユーモラスだ。造形的にはスマートな雰囲気はなく、どちらかというと地方仏的な雰囲気を漂わせていると感じる。

毘沙門天を支える地天女はたくましい感じというよりは、どちらかというと色っぽい。

地天女

十一面観音に向かって左の厨子には青面金剛像もあった。

青面金剛

 

役行者像の前にいる前鬼・後鬼がかなりかわいい。

前鬼・後鬼

須弥壇の最前列にいた狛犬は目立たないところに置かれているが、なかなか造形が良い。

狛犬

 

ご住職はとても丁寧にいろいろと教えて下さった。「国道で一方通行なのはここだけですよ」と笑いながら、道にまで出て私たちの車を見送ってくださった。

 

長谷本寺

奈良県大和高田市南本町7-17
TEL:0745-52-1738
アクセス:近鉄南大阪線「高田市」駅より 徒歩6分
駐車場:境内に数台可能(無料)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 藤原時代, 一木造, 菩薩, 天部, 仏像, 奈良県

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

虚空蔵菩薩上半身
額安寺(奈良県大和郡山市)— 深い歴史を静かに物語る彩色美しい日本最古の乾漆虚空蔵菩薩

前回のエントリで取り上げた旧白米寺収蔵庫からは、北西に3キロほど、車で10分ほど …

阿弥陀如来 左側から上半身
無量寺(長野県箕輪町)— 衣紋美しき阿弥陀如来

伊那谷は馴染みが深い。子どもの頃から山好きな両親とともに長野へはしょっちゅう訪れ …

中観音堂、長間薬師寺(岐阜県羽島市)―円空の出生地、温和な薬師如来とやんちゃな護法神

年末はだいたい、実家である愛知県犬山市へと帰省する。年越しをしてすぐ東京に帰って …

千手観音 右側から
東高尾観音寺(鳥取県北栄町)【前編】— 妖しい魅力の千手観音立像と素朴で美しい十一面観音立像

東高尾観音寺は、大日寺のひとつ峰を越えた北側にある。車なら10分とかからない距離 …

不動明王坐像
大聖寺(山梨県南巨摩郡身延町)―都の清涼殿に安置されていたという不動明王坐像

今年の夏の家族旅行は山梨県の南部。 山梨というと、前回のエントリでも書いた福光園 …

十一面観音像 斜め前からアップ
慶田寺(奈良県桜井市)—「いいお顔」の観音像のヒミツ

桜井市の北辺一帯は独特な雰囲気をもった空間だな、と子どものころからこの地を訪れな …

大日如来 斜め前から
可児郷土歴史館(岐阜県可児市)— 優美な大日如来坐像

素晴らしき仏像ワールドであった円明寺を辞して、すぐ近くにある可児市郷土資料館へと …

大日如来坐像近影
陽徳寺(愛知県犬山市)― 精悍な大日如来

ふとした用事で愛知の実家へ帰省した。 今回は初めて、八王子から名古屋まで、夜行バ …

岡倉天心と文化財展フライヤ
天心記念五浦美術館「岡倉天心と文化財」展(茨城県北茨城市)―茨城の重厚な仏像

五浦(いづら、いつうら)というのはどこかで聞いたことがあるな、と思っていたが、東 …

十二神将公開のポスター
大月市郷土資料館(山梨県大月市)―宝鏡寺の素朴な十二神将像

大月(おおつき)というと、東京から甲府盆地へ向かう途中で富士山方面への分岐点、と …