祗是未在

ソゾタケの仏像日記

壽宝寺(京都府京田辺市)—昼と夜の顔をもつ真数千手観音

      2014/03/01

奈良滞在も3日目となり、いよいよ今回の奈良旅のメインである東大寺の良弁忌の日となった。1年でこの日のみ、法華堂の執金剛神像開山堂の良弁上人像が開帳されるのである。

法華堂の大改修工事が3年にわたっていたこともあり、執金剛神像は久しぶりのご開帳ということで、おそらく開帳法要直後は混んでいると予想されたので、午前中は仲間たちと南山城へ少しだけ出かけた。

まず、京田辺市の三山木駅近くにある壽宝寺へ。

壽宝寺山門

昨年秋にも拝観させていただいているが、藤原時代作の、実際に手が1000本近くある千手観音像がいらっしゃることで有名だ。

壽宝寺

壽宝寺 千手千眼観音菩薩立像(藤原時代)像高181cm 国指定重要文化財

壽宝寺千手観音像

(絵葉書より)

光が正面から当たって口や目の彩色がはっきり見える厳しい「昼の顔」と、上からの柔らかい照明では彩色がほとんど見えなくなる穏やかな「夜の顔」の2つの表情を持つといい、お寺の方が扉を開け閉めしてどちらの表情も見せてくださる。私としては夜の顔の方が像の持っている美しさがよく感じられて良いと感じた。かつては穏やかな顔になる夜に法要が営まれていたそうだ。

手には1本につき1つずつの目が墨で書かれている。一部にそれがしっかり見えるところもある。千本の手に千の目ということで、普通に考えてしまうとちょっと怖いのだが、それだけ私たちをしっかり見て救ってくださるということなのだろう。

一般的な千手観音というと1本あたり25の願いを叶えてくださるということで40本、それと合掌する2本の大きな手を合わせた42本というものがほとんどだ。実数で千本もしくはそれに匹敵する手の数を持つ真数千手観音は何体か存在するが、唐招提寺像(天平時代・木芯乾漆・国宝)と葛井寺像(天平時代・脱活乾漆・国宝)、これに壽宝寺像を加えた三体が最もよく知られている。

真数千手観音は、どうしても脇手が多いためにものすごいボリュームで、まるで羽のようになるのだが、壽宝寺像は著名な3体の中でもとりわけ翼を広げたような造形に見える。そしてボリュームのすごさに圧倒されるという感じではなくよくまとまっており、むしろバランスの良い美しさを感じる。

収蔵庫内の千手観音の両脇にいる2体の明王像もなかなか気になる存在だ。

降三世明王像(左)、金剛夜叉明王(右)(平安時代)

降三世、金剛夜叉明王

(リーフレットより)

その造形も個性的で惹かれるものがあるが、降三世明王の右足元に注目してしまう。降三世明王は異教の神であるシヴァウマーの夫妻を踏み殺していて、足元に2体の神が踏まれつつ横たわっているのが一般的だが、この像のウマーと思われる神は、横たわることなく、むしろ明王を頭で支えているようにも見える。ウマーさん、負けてない!

千手観音の圧倒的な雰囲気とちょっと個性的な二明王像に満足していると、ちょうど次の予約の団体さんがいらっしゃったので、入れ替わるようにお寺を後にした。

※千手観音像は2014年4月22日からの京都国立博物館における「南山城の古寺巡礼展」に出展されます

 

【壽宝寺(じゅほうじ)】

〒610-0313 京都府京田辺市三山木塔ノ島20
TEL:0774-65-3422
拝観:要予約(雨の日は拝観不可)
拝観料:300円
アクセス:近鉄京都線三山木駅から徒歩5分
駐車場:門前にあり(無料)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 藤原時代, 一木造, 菩薩, 明王, 仏像, 京都府

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

広目天像近影
東大寺大仏殿(奈良県奈良市)その(2) — 大仏の脇を固める仏たち

大仏殿ではつい巨大な大仏さんにばかり目がいってしまうところ、今回はその脇を固める …

虚空蔵菩薩上半身
額安寺(奈良県大和郡山市)— 深い歴史を静かに物語る彩色美しい日本最古の乾漆虚空蔵菩薩

前回のエントリで取り上げた旧白米寺収蔵庫からは、北西に3キロほど、車で10分ほど …

十一面観音 顔近影 左側面
置恩寺(奈良県葛城市)―絶妙なバランスで立つ凛々しき観音

2日目は4つの寺院を巡る。 まずは奈良盆地の南西、葛城山の山裾にある置恩寺へ。 …

阿弥陀如来 左側から 横顔
中染阿弥陀堂(茨城県常陸太田市)— 素朴ながら堂々たる等身大の鉄仏阿弥陀如来

水戸藩であった現在の茨城県では、明治時代だけではなく、元禄期にも徳川光圀による神 …

菩薩像か如来像
東高尾観音寺(鳥取県北栄町)【後編】— ひしめく個性豊かな破損仏群

(前編よりの続き) 東高尾観音寺収蔵庫には、全部で45体もの破損仏が並べられてい …

大日如来坐像近影
陽徳寺(愛知県犬山市)― 精悍な大日如来

ふとした用事で愛知の実家へ帰省した。 今回は初めて、八王子から名古屋まで、夜行バ …

本堂
願興寺(岐阜県可児郡御嵩町)— かつての繁栄を物語る素晴らしき仏像群

岐阜県はかつては文化薫る街道沿いの街であった、と、このブログでも繰り返し書くとい …

阿弥陀如来 左側から上半身
無量寺(長野県箕輪町)— 衣紋美しき阿弥陀如来

伊那谷は馴染みが深い。子どもの頃から山好きな両親とともに長野へはしょっちゅう訪れ …

聖観音菩薩近影
浄土寺(岐阜県岐阜市福富)— 頭の大きな平安仏と、つるっとした鎌倉仏

私の地元は愛知県犬山市である。ここには国宝4城のひとつである犬山城や明治村など、 …

転読とのセッション
犬山薬師寺(愛知県犬山市)— ようやく会えた平安仏とグルーブ住職の寺テクノ法要

今回、年越しで帰省せずにこのタイミングで帰省したのは、この薬師寺でのご開帳に合わ …