祇是未在

ソゾタケの仏像日記

大智寺(京都府木津川市)―橋柱で作ったという美しい文殊菩薩

      2014/03/01

同行の友人からの情報で、壽法寺から奈良へと戻る途中、木津川を渡ったすぐ南にある大智寺にも訪問した。

橋のすぐたもとにあるのだが、道も狭くなかなか簡単には行き着けなかった。

大智寺

先ほど渡った泉大橋(国道24号線)の場所には、かつて奈良時代に行基が橋を架けたという。その後、平安時代に橋は洪水で流されたままになっていたが、鎌倉時代に遺された橋柱を使ってこの文殊菩薩を彫り、それを安置する形で開かれたのが大智寺の前身である橋柱寺(きゃくちゅうじ)であるという。現在でも山号は橋柱山(きゃくちゅうざん)といい、その歴史を伝えている。

文殊菩薩坐像(鎌倉時代)像高65.2cm 寄木造 玉眼 (伝・安阿弥作)国指定重要文化財

大智寺文殊菩薩坐像

(リーフレットより)

右手に智恵の剣、左手に絵巻物が載った蓮茎を持ち、蓮華座に座して獅子に乗るという、典型的な文殊菩薩である。写真がこのリーフレットのものしかなく、やや伝わりにくいが、実際には非常に美しい仏像である。

寺伝では安阿弥(あんなみ)、つまり快慶に制作を依頼したということのようだ。実際には快慶作ではないようだが、その美しさといい、金泥の深い味わいといい、確かにそんな雰囲気も漂わせる仏像である。連なる仏師の作なのかもしれない。

着ている衣が珍しく、やや大げさにも映る造形であるが、これは宋風の衣なのだという。

宋風と聞いて思い出したのが、4月に拝見した興福寺南円堂の、運慶作ではないかと昨今注目されている四天王像である。あの四天王もとても派手派手しい甲冑を着ているが、それも宋風を取り入れた表現なのだという。宋というのは派手好みだったのだろうか。

厨子の中に、文殊菩薩に向かって右側の陰に隠れるようにもう一体の仏像がいらっしゃった。

 

十一面観音立像(藤原時代)一木造 像高109.1cm 一木造 国指定重要文化財

大智寺 十一面観音立像

(リーフレットより)

とても美しい像だ。内刳りを施さない点や、腕釧を彫りだしで作っているところに古様が認められるという。かなり暗いが、ご住職がLEDの大きな懐中電灯を貸してくださり、じっくりと拝観することができた。

その他、文殊菩薩の厨子の後ろの間には阿弥陀如来などの数々の仏像が並んでいて、小さなお寺ではあるが、なかなか充実していた。

大智寺本堂前の苔

本堂前の苔

京都から奈良へ抜ける時は24号線を通りこの泉大橋を何度も渡ってきたのに、大智寺のことは全く知らなかった。奈良や京都は本当に懐が深いな、と改めて感じさせられた。教えてくれた友人に感謝である。

 

【大智寺(だいちじ)】

〒619-0214 京都府木津川市木津雲村42-1
TEL:0774-72-2500
拝観:要予約
拝観料:300円(25名以上の団体の場合は250円)
アクセス:JR京都線木津駅より徒歩10分
駐車場:門の北側に入口のある駐車スペースがある(無料)

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 藤原時代, 鎌倉時代, 一木造, 寄木造, 菩薩, 仏像, 京都府, 快慶

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鑑真お身代わり像
冬の唐招提寺(奈良県奈良市)—和上の寺 新しく迎えたお身代わり像

  東大寺法華堂の修理が終わり、今年は3年ぶりに12月16日の良弁忌に …

三重塔
西明寺(滋賀県犬上郡甲良町)— 湖東三山開帳① 量感たっぷりな薬師如来立像

阿修羅ブーム以来かな、という気がするが、ここ数年来、各地で仏像をテーマにした特別 …

慈恩寺秘仏展看板
慈恩寺(山形県寒河江市)―可憐な菩薩と個性的で素晴らしい造形の十二神将

4月は興福寺がアツかったが、5月は山形がアツい! なんといっても、山寺(立石寺) …

入口の看板
南山城の古寺巡礼展(京都国立博物館)

京都というと祗園や清水、鴨川や御所、二条など、街の中心街の華やかなイメージが一般 …

楽法寺山門
楽法寺(茨城県桜川市)— 引き込まれる異質な雰囲気の雨引観音

日本には数多くの巡礼というものがあるが、お遍路さんと並んで最も著名なのが百観音巡 …

千手観音立像
温泉寺(兵庫県豊岡市)— 優美な平安仏を有するロープウェイと直結した山中の名刹

子どもの頃から18きっぷやフリーきっぷ、周遊券などを使って日本全国に出かけていた …

岡倉天心と文化財展フライヤ
天心記念五浦美術館「岡倉天心と文化財」展(茨城県北茨城市)―茨城の重厚な仏像

五浦(いづら、いつうら)というのはどこかで聞いたことがあるな、と思っていたが、東 …

金林寺破損仏5体
「祈りの道へ -四国遍路と土佐のほとけ-」展(東京都・多摩美術大学美術館)②

※すべての画像は本特別展監修者より提供を受け、掲載の許可をいただいています。(転 …

菩薩像か如来像
東高尾観音寺(鳥取県北栄町)【後編】— ひしめく個性豊かな破損仏群

(前編よりの続き) 東高尾観音寺収蔵庫には、全部で45体もの破損仏が並べられてい …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。