祇是未在

ソゾタケの仏像日記

収蔵庫

   

収蔵庫

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大法寺(長野県小県郡青木村)—この地の自然とともにある素朴ながらも魅力あふれる十一面観音

塩田平は前エントリで書いたように、独鈷山信仰や塩田庄、頼朝による信濃守護の設置か …

十一面観音近影 左側より
西念寺(奈良県天理市)— 宿院仏師の凜々しくも美しい長谷寺式十一面観音

  宿院仏師。仏像好きでも、この名前をあまり耳にしたことがない人は多い …

屋根に止まったアオサギ
新薬師寺(奈良県奈良市)本堂の屋根で鳴くアオサギ 〜 人もまばらな室生寺へ(奈良県宇陀市室生区)

奈良旅最終日は、まず新薬師寺へ。こちらも執金剛神の前回のご開帳の時に訪れて以来な …

不空羂索観音坐像
南円堂特別開扉(奈良県奈良市)―康慶による原点回帰の堂々たる観音

今年の春は奈良がアツい!興福寺がアツい! 普段は1年に1日のみ、10月17日にし …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

十一面観音近影
正楽寺(奈良県北葛城郡広陵町)―堂々たる像高2m超の十一面観音

法隆寺のある斑鳩から三輪山方面へと、現在の地図上でも斜めに走る道がある。これはか …

薬師如来と地蔵菩薩
竹林寺(奈良県桜井市)―鋭く深い彫りの衣紋が素晴らしい薬師如来

南円堂や東大寺などをめぐった奈良の旅も、この日が最終日。 本当は27日に奈良を離 …

転読とのセッション
犬山薬師寺(愛知県犬山市)— ようやく会えた平安仏とグルーブ住職の寺テクノ法要

今回、年越しで帰省せずにこのタイミングで帰省したのは、この薬師寺でのご開帳に合わ …

千手観音脇手
菊蓮寺(茨城県常陸太田市)— 数奇な運命を辿ってきた5体の仏像

今年の冬は雪の降る日が多く、その量もかなりのものだった。私の住む東京都多摩地区の …

内陣
極楽寺(東京都八王子市)― 微笑んで来迎!歯吹きの阿弥陀如来

  多摩地区は戦災などの影響が都心に比べると少なかったことで、多くの仏 …