祇是未在

ソゾタケの仏像日記

可児郷土歴史館(岐阜県可児市)— 優美な大日如来坐像

      2014/03/19

素晴らしき仏像ワールドであった円明寺を辞して、すぐ近くにある可児市郷土資料館へと移動する。円明寺があまりにも充実していて2時間も長滞在してしまったことで、ギリギリセーフの時間になってしまった。

駐車場には1台も止まっていない。いや2台ほど、若い子たちがオーディオを大音響で車中で聞いている車が停まっている程度だ。

可児郷土歴史館

資料館は古い建物で、中はよくあるパターンの展示であるものの、全体的にガラスケースが主体の展示であった。考古学分野から展示がされているが、奥には特別展示ができるスペースもある。この久々利の一帯は、美濃焼の陶芸作家・荒川豊蔵で有名なこともあり、陶芸の展示もされている。

作家についてメモを取り忘れたが、こちらの志野焼らしき香炉がなかなか良かった。

志野焼香炉

 

郷土資料が並ぶ一角に3体の仏像が並んでいる。

三体の仏像

 

無量寺 大日如来坐像(藤原時代) 寄木造 彫眼 像高(髪際)66.5cm 県指定文化財

大日如来坐像 全体

可児市の仏像では最もよく知られている。ひと目でとても優美な像であることがわかる。智拳印を結んだ金剛界大日如来で、宝冠はとれてしまったのか現在はかぶっていない。

腕も細くスマートで、大日如来らしい造形である。腕先や宝髻などは後補だという。

大日如来坐像 斜め前から

結跏趺坐がとてもきれいに造形されており、その周囲に水紋のように広がる膝の衣紋がまた美しい。そしてそこから流れ出るような中央の衣紋のはらいは襞もきれいで見事なバランスである。

大日如来 結跏趺坐

口の形が特徴的だと感じる。閉じた口であるが、やや小さめで、口角をキュッと絞っているような感じに見える。

大日如来近影

子どもの頃、口角を吸うようにして鳥のくちばしの物まねをよくしたものだが、あれのちょっと緩いバージョンのようだ。そのためか、下から見上げるとまるでちょっと笑っているように見えるのが不思議だ。

大日如来 見上げ

 

矢戸横市薬師堂 薬師如来坐像(藤原時代) 一木造内刳 像高55.0cm 市指定文化財

薬師如来坐像全体

修復時と思われる後世の彩色が入っていて本来の造形がよくわからないが、おそらく破損はかなりのものであったことは推測できる。衣や衣紋の造形は分厚く、地方仏らしい雰囲気が漂っている。

薬師如来 近影

右腕と左手が後補であることはハッキリわかるが、頭はどうなのか今ひとつよくわからない。ただ、バランスからするとちょっと大きいように思うので、本来像は体部のみかもしれない。少しだけ紅をさした優しい雰囲気の薬師如来である。

 

大日如来坐像(室町時代 天文12年(1543年)) 銅像 像高24.0cm 市指定文化財

銅像大日如来坐像全体

可児市今渡の金屋という地で制作されたもので、富士山頂直下の道沿いに、1624年(寛永元年)制作の銅像大日如来および1490年(延徳2年)制作の鉄造大日如来とともに並べられて崇拝されていたという。「富士山真景之図」にも見えるらしい。廃仏毀釈の折に投げ捨てられ、賽の河原で発見された時にはすでに首がない状態で、その後、御殿場市の東岳院に安置され、2006年(平成18年)に可児市に寄贈され、里帰りをした、というものだそうだ。

この仏像は銅像で、かつ首がない、ということのインパクトがかなり強いが、それよりもよく見ると、左右の腕と膝に刻印銘があるのがハッキリとわかる。こうした形で刻印を遺すというのはあまり見たことがないが、そこには、天文12年5月16日に、美濃可児郡下荏戸之郷金屋村の九郎二郎と石蔵が願主となって作られた、と書かれている。

銅像大日如来坐像 銘文

崇敬を集めながらも理不尽に破壊されうち捨てられたものが、巡り巡って可児に戻ってきたというのは何とも縁深き話である。長い間お疲れ様、と言いたくなってしまう仏像であった。作られた地を安住の地として、今後もこの地で守られていくことを祈りたい。

 

【参考文献】『可児の仏像』(可児市の文化財第11集)

 

可児郷土歴史館(かにきょうどれきしかん)

〒509-0224 岐阜県可児市久々利1644-1
TEL:0574-64-0211
休館日:月曜日および祝日の翌日
開館時間:9:00〜16:30
入館料:200円
アクセス:JR太多線可児駅あるいは名鉄広見線新可児駅より「電話で予約バス」かタクシーを利用
駐車場:広い駐車場が館の前にあり(無料)

 - 藤原時代, 室町時代, 一木造, 寄木造, 銅造、金属製, 如来, 博物館,美術館, 仏像, 岐阜県

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

中禅寺(長野県上田市)— 緑に包まれる中部地方最古の御堂に静かに佇む薬師如来と神将像

前エントリで、千曲川流域には「平」と呼ばれる河岸段丘の形成した平地状の地形がいく …

入口の看板
南山城の古寺巡礼展(京都国立博物館)

京都というと祗園や清水、鴨川や御所、二条など、街の中心街の華やかなイメージが一般 …

阿弥陀如来横顔
保昌寺(宮城県刈田郡蔵王町)―平泉文化に通じる丈六阿弥陀如来

  蔵王温泉では、「四季のホテル」というところに宿泊したが、とても良か …

山寺ご開帳フライヤ
立石寺(山形県山形市)―50年に1回のみのご開帳、堂々たる薬師如来

今年、山形がアツいのは、間違いなく立石寺、通称・山寺のご本尊である薬師如来が50 …

笛を吹く飛天
薬師寺東塔水煙降臨展(奈良県奈良市)―長年見上げてきた”凍れる音楽”の頂

  家族での所用があり、普段は帰ることのないこの時期に実家である愛知県 …

蔵王大権現
下宝沢 蔵王大権現(山形県山形市)―3mを超す大迫力の蔵王権現

山寺から2つほど峰を超えた南側に下宝沢(しもほうざわ)という地区がある。ここはか …

十二神将公開のポスター
大月市郷土資料館(山梨県大月市)―宝鏡寺の素朴な十二神将像

大月(おおつき)というと、東京から甲府盆地へ向かう途中で富士山方面への分岐点、と …

観音菩薩に後光が
西井戸堂妙感寺(奈良県天理市)― 天平時代の塑像の心木を収めた鞘仏

唐招提寺のあとは、近鉄奈良駅近くのさくらバーガーで、東京から来た友人3人と合流し …

千手観音脇手
菊蓮寺(茨城県常陸太田市)— 数奇な運命を辿ってきた5体の仏像

今年の冬は雪の降る日が多く、その量もかなりのものだった。私の住む東京都多摩地区の …

阿弥陀如来右下より
福王寺(長野県佐久市)— 災難を乗り越えてきた堂々たる阿弥陀如来と仏たち

長野県は私にとっては縁の深い地である。山と自然を愛する家族に生まれ、愛知県からは …