祗是未在

ソゾタケの仏像日記

浄福寺(東京都八王子市)— 衣紋が見事な千手観音

      2014/05/23

浄福寺前の桜

八王子市は面積が広大ということもあってお寺の数も相当なもので、古仏を有しているお寺もたくさんあると思われる。しかし情報は少なく、「東京近郊の仏像めぐり(Gakken Mook)」というムック本を頼りにすることが多い。今回は年に1日のみのご開帳であるこちらのお寺へと向かった。

仕事で以前はよく訪れていた八王子北西部のあたりを通過し、陣馬街道を山へと分け入る。八王子城跡の北側の谷戸を入ったところ、圏央道の高架のすぐ下に浄福寺はあった。

浄福寺前

浄福寺前からは圏央道が近い

 

駐車場の上には大きなしだれ桜の木があり、これが咲いていたらさぞや見事だろうな、と思う。

駐車場上のしだれ桜の木

 

時折目の前の道路を通る車の音以外には鳥の声と風の音しか聞こえない静かな環境だ。

浄福寺前

石段を上がっていくと、大きな屋根の本堂が目の前に現れる。

1年に1回のご開帳ということだが、境内には参拝者は誰ももいない。本堂の正面の障子が少し開いていて、その奥に大日如来が遠く須弥壇の上に見えるが観音菩薩は見えない。

浄福寺本堂

広い本堂に入ると、中のひとつの間に厨子(室町時代)が置かれ、その中に千手観音は安置されていた。この厨子は都の文化財指定を受けている。

厨子

 

千手観音菩薩立像(室町時代)寄木造 像高68cm

千手観音立像全体
「東京近郊の仏像めぐり」の写真を見ていただけだと大きな像だと思っていたのだが、実際にはかなり小さい像であった。

jofukuji_08

腕は全部で25〜26本というところなので欠損しているようだが、とりわけ合掌している手はかなりプリミティブな感じで、おそらく後補であろうと思われる。

顔は厳しい雰囲気だ。室町時代的な表情なのだという。どこかで見たことがあるなぁ、と感じたが、同じ多摩地区では最も有名な古仏である塩船観音寺の千手観音像にどことなく似ている。

地方仏の雰囲気たっぷりに見えるが、衣紋に目を移すとかなり見事だ。どことなく大報恩寺の六観音を思わせるような見事な彫りで、この仏像の格調を高くしているという感じがする。慶派に詳しい友人に写真を見せたところ、宋風の影響が出ているという見解をいただいた。

下半身の衣紋

像全体を見たところ、両肩が別材になっていることもあり、おそらく体幹部は当初像で、後補の腕の部分との技術の差があるものと思われる。この衣紋の状況からして、当初像の全体はかなりのものであったことだろう。それもぜひ見てみたかったな、と思うが、厨子の中に現在のちょっとだけアンバランスなこの状況でいらっしゃるのもまた、何とも愛らしいと感じた。

千手観音 やや上から

 

蓮台の下に磐座があり、これが珍しいという。墨書から、この磐座はかつては相模国大山寺の不動明王の台座であったという。あの鉄造不動明王のことだろうか?

本堂は非常に立派で、江戸時代のものだという。この寺院は徳川家の庇護を受けていたそうで、お堂の中にある下賜されたという葵の紋の入った箪笥を見せていただいたり、襖に描かれた日本画は狩野派のものだということを教えていただいた。

お寺の裏山に行くと良いとお寺の方に教えられたので、墓地を抜けて上っていく。1年に1回のご開帳のこの日は、午前中に檀家の皆さんが集まってこの道を掃除されるそうだ。

西国三十三観音の石仏が並べられており、その道筋にはヤマブキが綺麗に咲き乱れていた。

ヤマブキと石仏

墓地の一角には樒(しきみ)の花が咲いていた。不思議な形の花だ。

樒の花

三十三観音の石仏の前を通って上っていくと、その最上部にはかつての観音堂が今も遺されている。もともとはこの裏山全体が城であったそうで、その城の一角に置かれた観音堂に千手観音は収められていたのだそうだ。現在は防犯上のためもあって山から下ろされている。

観音堂

境内には他にも諸葛菜などの花があふれていてとても落ち着く空間だった。

大根の花

 

【千手山 浄福寺(じょうふくじ)】

〒192-0154 八王子市下恩方町3259
TEL:042-651-3351
拝観:毎年4月17日のみ開帳
拝観料:志納
アクセス:
駐車場:お寺の前に10台ほど止められる(無料)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 室町時代, 地方仏, 東京都, 多摩地区

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

阿弥陀如来 左側から上半身
無量寺(長野県箕輪町)— 衣紋美しき阿弥陀如来

伊那谷は馴染みが深い。子どもの頃から山好きな両親とともに長野へはしょっちゅう訪れ …

薬師如来坐像
大善寺(山梨県甲州市)―ぶどうを持った平安時代の薬師如来と日光・月光菩薩

山梨県には素晴らしい仏像が多い、ということは、前回の大聖寺、その前の福光園寺のエ …

ほほえみの御仏展入口 写真
「ほほえみの御仏—二つの半跏思惟像—」展(東京国立博物館)

    2015年に日本と韓国が国交正常化50周年の節目の年 …

聖観音菩薩近影
浄土寺(岐阜県岐阜市福富)— 頭の大きな平安仏と、つるっとした鎌倉仏

私の地元は愛知県犬山市である。ここには国宝4城のひとつである犬山城や明治村など、 …

十一面観音像近影
峰寺山 西光院(茨城県)―巨大な”マイク観音”

筑波山の北東に、峰寺山 西光院(みねでらさん・さいこういん)という小さなお寺があ …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

美江寺観音
岐阜市歴史博物館「岐阜の至宝展」(岐阜県岐阜市)―美江寺観音と塑像仏頭

  この日は犬山市にある桃太郎神社のコンクリート像(浅野祥雲作)の修復 …

岡倉天心と文化財展フライヤ
天心記念五浦美術館「岡倉天心と文化財」展(茨城県北茨城市)―茨城の重厚な仏像

五浦(いづら、いつうら)というのはどこかで聞いたことがあるな、と思っていたが、東 …

放光寺天弓愛染
山梨県立博物館(山梨県笛吹市)―「山梨の名宝」展

東京も多摩地区に住んでいると、山梨県は近い。渋滞さえなければ車でも電車でも1時間 …

地蔵菩薩立像全体
円明寺(岐阜県可児市)【前編】— 土岐氏由来の古刹に展開する仏像ワールド

岐阜県可児市は私の出身地である愛知県犬山市と県境を挟んだ隣であることは前回のエン …