祗是未在

ソゾタケの仏像日記

シャクナゲの室生寺(奈良県宇陀市)

      2015/09/10

五重塔とシャクナゲ

春は花の季節。巷にも花は咲き乱れ、気温も暖かくなり日差しも明るく、新たな生命の息吹を感じて何だか幸せになる季節である。

お寺というのはその性質故か、四季を通じていろいろな植物の風景を見せてくれるようにできているようで、春は桜、夏は青々とした緑、秋は美しい紅葉、冬は冬枯れの良さを感じられる。大自然に比べればはるかに狭い敷地内に、四季がたっぷりと詰まっているお寺がとても多いと感じる。

とりわけ、奈良や京都のお寺はそうした風景を四季を通じて楽しめるところが多い。奈良の山間部にある室生寺も同じである。

太鼓橋のたもとに咲くシャクナゲ

太鼓橋のたもとに咲くシャクナゲ

室生寺は私が最も好きな寺である。ここには弘仁時代に造られたあまりにも素晴らしい仏像たちが並び立ち、さらに山岳寺院ということで、小さな集落とともに、室生川のせせらぎの音と深い緑に包まれる。春の桜から冬の景色まで、いつ訪れても、仏像や建築とともに、その風景や空気に包まれて満足して帰ることができる。

そんな室生寺の四季の中で、最も著名なのはいつか、というと、それはやはり4月中旬から5月頭までの季節であろう。境内に数多く植えられたシャクナゲの花が一斉に花を咲かせるのである。このブログの前回と前々回のエントリはちょっと重い内容だったこともあるので、今回はシャクナゲの美しく咲き乱れる室生寺の様子を写真でお楽しみいただけたらと思う。

楼門をくぐると、いつもなら左手のバン字の池の前にいる虚無僧が、今日はその反対側のシャクナゲの花の前で尺八を吹いていた。この時はNHK奈良によるテレビ撮影が行われており、その演出の一貫として、室生寺の僧侶が虚無僧を紹介する、という展開になっているようであった。そのためにシャクナゲの前にいたのかもしれない。

虚無僧というと禅宗の一派である普化宗(ふけしゅう・明治政府によって消滅させられたため今は存在しない)の僧のことであり、よく知られる編笠かぶりで尺八を吹きつつ喜捨を募る半僧半俗の存在である。春と秋に室生寺にやってくると、このバン字池周辺で虚無僧の尺八を聞くことができるが、風情はあるものの、なぜ真言宗の室生寺で虚無僧が尺八を吹いているのかはよく知らない。

虚無僧

金堂への鎧坂もシャクナゲで彩られている。

鎧坂その1

 

鎧坂その2

金堂とシャクナゲ。

金堂とシャクナゲ

 

金堂すぐ下にはおなじみ、軍荼利明王の石仏がある。自然石を彫ったようななかなか趣のある石仏である。

軍荼利明王とシャクナゲ

 

金堂の廂。

金堂の廂

 

そして室生寺といえば、何と言ってもこの五重塔(国宝)が有名である。五重塔の周りにも多くのシャクナゲが植えられている。

五重塔

五重塔は平安時代に建てられたもので、総高16m強と、屋外に立つ五重塔としては最も小さい。東大寺大仏と同じくらいの高さである。

murouji10

 

1998年9月22日、台風の影響で周辺の杉の大木が倒れ、五重塔に向かって左後ろの角の屋根を払い落とすようにして破壊してしまった。ただ、破壊されたのは屋根先で、塔の根幹には被害がなかったことで2000年までに修復されたのが現在の姿である。かつての朱の塗装がややはがれつつあった姿に慣れ親しんできた者としては、修復後の姿は以前とは雰囲気が違うこともあり、新しく建て直した別のもののようにも見えてしまうのは、今のところはやむを得ないだろう。

五重塔周辺のシャクナゲ

五重塔石段周辺のシャクナゲ

 

山内のシャクナゲはどちらかというと濃いピンクか白に近い薄めのピンクのものが多いように見受けられるが、五重塔のすぐ前の株だけは、やわらかく淡いピンクをしていて、とてもかわいい。

五重塔前のシャクナゲ

五重塔前のシャクナゲ

 

石仏の周辺にも

石仏の周辺にも

 

昨年もほぼ同時期の土曜日に室生寺へやってきてシャクナゲの風景を楽しんだが、その時もそんなに混んでいなかった。今年は日曜ということもあって昨年より人は多いものの、そこまで混んでいない。駐車場も、近隣のどこかには駐められる。秋の紅葉も本当に素晴らしい室生寺だが、どちらかというとそちらの方が混んでいるかもしれない。

今年も、1年で最も華やかな室生寺の風景を存分に楽しみ、満足して室生寺を後にした。

五重塔

 

※注意※
2014/7/4〜8/26、仙台市博物館における「奈良・国宝室生寺の仏たち」展に数多くの仏像が出展され、不在となります。ちなみに、この期間は拝観料が一般で300円となります。

宀一山 室生寺(べんいちさん・むろうじ)

〒633-0421 奈良県宇陀市室生78
TEL:0745-93-2003
拝観料:一般600円
拝観について:金堂諸仏、弥勒堂諸仏、潅頂堂如意輪観音は常時拝観可(ただし金堂十二神将のうち2体は常時、奈良国立博物館へ寄託されている)※上記注意参照のこと
拝観時間:8:30〜17:00(4/1〜11/30)、9:00〜16:00(12/1〜3/31)
アクセス:近鉄大阪線室生口大野駅からバス(かなり本数が少ないので注意)
駐車場:周辺に有料駐車場が多数ある

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

 

 

 

 

 - 仏像, 奈良県, , 風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三重塔
西明寺(滋賀県犬上郡甲良町)— 湖東三山開帳① 量感たっぷりな薬師如来立像

阿修羅ブーム以来かな、という気がするが、ここ数年来、各地で仏像をテーマにした特別 …

菩薩像か如来像
東高尾観音寺(鳥取県北栄町)【後編】— ひしめく個性豊かな破損仏群

(前編よりの続き) 東高尾観音寺収蔵庫には、全部で45体もの破損仏が並べられてい …

楽法寺山門
楽法寺(茨城県桜川市)— 引き込まれる異質な雰囲気の雨引観音

日本には数多くの巡礼というものがあるが、お遍路さんと並んで最も著名なのが百観音巡 …

阿弥陀如来 左側斜め下から
合原阿弥陀堂(長野県下條村)— 素朴で穏やかな藤原期の阿弥陀如来

長野県は近畿からすると決して近くはない場所であり、非常に山深く谷も深い。しかし、 …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

大日如来 斜め前から
可児郷土歴史館(岐阜県可児市)— 優美な大日如来坐像

素晴らしき仏像ワールドであった円明寺を辞して、すぐ近くにある可児市郷土資料館へと …

長谷本寺(奈良県大和高田市)ー長谷寺観音の当初の姿を遺すという美しい十一面観音

置恩寺から再び奈良盆地の中央へとくだり、大和高田市の市街地へと入る。 大和高田市 …

壽宝寺千手観音像
壽宝寺(京都府京田辺市)—昼と夜の顔をもつ真数千手観音

奈良滞在も3日目となり、いよいよ今回の奈良旅のメインである東大寺の良弁忌の日とな …

ほほえみの御仏展入口 写真
「ほほえみの御仏—二つの半跏思惟像—」展(東京国立博物館)

    2015年に日本と韓国が国交正常化50周年の節目の年 …

阿弥陀如来 左側から 横顔
中染阿弥陀堂(茨城県常陸太田市)— 素朴ながら堂々たる等身大の鉄仏阿弥陀如来

水戸藩であった現在の茨城県では、明治時代だけではなく、元禄期にも徳川光圀による神 …