祗是未在

ソゾタケの仏像日記

大滝山地蔵院(鳥取県倉吉市)— 静かな温泉地を見守る半跏の丈六地蔵菩薩

      2015/02/23

地蔵菩薩 脚部

城崎に泊まった翌日は鳥取へと抜け、三佛寺へと向かったが、ゲリラ豪雨に見舞われ、準備万端だったにも関わらず、入山禁止で投入堂登拝は叶わなかった。幸いにして、修理が完了した秘仏本尊・阿弥陀如来立像(藤原時代)がご開帳されていたために拝観できた。また、康慶作を初めとする蔵王権現像を拝観して、次回の登拝を楽しみに、雷雨で参道が川のようになっている三佛寺を後にした。三佛寺については無事に登拝できた折にでも改めてブログをしたためたいと思う。

 

翌朝、宿泊した三朝温泉を出て一旦北上し、倉吉の打吹玉川地区を抜ける。倉吉駅辺りの市街地からやや南に離れたこの地区は「白壁土蔵群」として国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、最近注目を浴びているという。

後ろ髪引かれるところもある打吹玉川地区を抜けて、今度は南西方向へと国道の一本道を走る。今日は雲は多いものの、いい天気だ。いや、昨日だってゲリラ豪雨さえなければ…、いやもうやめよう。今回は縁が無かったのだ。

 

のどかな田園を走ること30分ほど、国道から左折し、山へと登りつつあるようなところにある小さな集落へと入っていく。ここは関金温泉という温泉地である。温泉宿は道筋に見かけるものの、歩いている人すら見かけない。のどかではあるが、相当に寂れた温泉だなという感じがする。ところがこの温泉は三朝温泉に次ぐ日本2位のラドン放射能を有している名泉なのだそうだ。平日朝の様子で判断してはいけないのである。

狭い道を上っていくと、右手に赤い幟が立っているお寺が目に入る。ここが目的地の大滝山地蔵院である。

門前を一旦通り過ぎると、すぐ右手に駐車場への入口があった。

道は狭く集落も小さいが、お寺はなかなか立派だ。斜面の限られたスペースをうまく使って、明るい開けた境内になっている。

大滝山地蔵院は天平勝宝8年(756)に行基が開基したと伝えられる古刹である。現在は真言宗であるため本尊は大日如来。その本尊を祀っていると思われる本堂は堂々たる建物だが、今回のお目当てはその本堂の前にあるコンクリートのお堂である。

地蔵堂外観

ここは拝観が自由で、特に拝観料の指定もなく、鍵もかかっていない。ガラリと引き戸を開けて中に入ると、うわっと声を挙げてしまった。

 

木造地蔵菩薩半跏像(鎌倉時代)像高358.6cm ヒノキ材寄木造 国指定重要文化財

地蔵菩薩像全体

足先から頭までの高さが3.5mもあるという巨大な地蔵菩薩である。半跏像なので下ろしている足の分だけ像高が高くなっているが、お尻の位置からは丈六像の大きさになるだろうか。それでもおそらく2m40cmよりは大きいので、大きめの丈六ということが言えるだろうか。とにかく大きい。

地蔵菩薩像全体 左側から

この仏像は現在は関金温泉にあるが、もともとはここからさらに2kmほど山に入った、現在の大滝山観音堂の辺りにあったという。廃仏毀釈から守るために、本坊地蔵院を分離してこの地に移設、地蔵菩薩もこちらに移動させたのだそうだ。こんな巨大な仏像をよく移動させて守ったものだと思う。

地蔵菩薩全体 右側から

像内の修理銘には、寛永17年(1640)に地元住民の手によって修理再興された像であることが記されるが、像自体は源頼朝配下の著名な武士である佐々木高綱が造像したと記されているそうだ。寺院も頼朝の命によって髙綱が再建している。

地蔵菩薩像 上半身 右側から

佐々木高綱と言えば、梶原景季との宇治川の先陣争いが有名であるが、平家滅亡後は備前守となった折に山陰地方にも恩賞地を得ており、松江には高綱の開基と伝わる寺や、高綱が背負ってきたと伝わる銅造阿弥陀如来も存在する。高綱自身はその後、東大寺の再建の木材の調達で功を為したり、家督を息子に譲ってからは高野山で出家したりと、なかなか仏教に信心深き人だったようだ。

地蔵菩薩近影 左側側面から

足も立派だが、手も分厚い。宝珠も大きい。錫杖も見事なものである。

地蔵菩薩像 両手

地蔵菩薩像 右手

 

地蔵菩薩の前に2体並べられていたこちらの像が気になる。

不思議な像

それにしても圧倒的な大きさと迫力である。鎌倉時代らしいキリリとした雰囲気も伝わってくる。佐々木高綱が造立したということであれば、武士の好みであるのか、それとも高綱本人の特別な意思であるのか。先日ご紹介した茨城の鉄仏のような荒々しさが東国武士に好まれたとするならば、やはりこれは高綱本人の信心深さによって形作られた慈悲の心なのかもしれない。

地蔵菩薩 顔近影 正面

大きさにばかり圧倒されてしまいそうになるが、よくよく拝見すると、その表情はどこかあどけなく、そして目には深い思いがこめられているようにも見える。廃仏毀釈という悲しい出来事を乗り越えて、今はこうして小さな温泉街を守っていることをどのように感じていらっしゃるのだろうか。

地蔵菩薩 近影 右下から

 

お堂の前には「一町地蔵」という石仏の地蔵がある。この地蔵院から大滝山観音堂まで、一町の距離ごとに地蔵が置かれているという。最初と最後だけは坐像であとは舟形光背を背負った立像らしい。スタート地点のこちらは坐像である。

一町地蔵

背負った山の向こうから昇ってきた太陽が、まだ午前中の穏やかな陽光を小さな温泉街に注ぐ。今日もこれから暑くなるのだろうか。

吹き流し

 

【大滝山地蔵院(おおたきさん・じぞういん)】

〒682-0411 鳥取県倉吉市関金町関金宿1218
TEL: 0858-45-2656

拝観:特に指定はなかった
拝観時間:境内自由(開扉している時間は不明)

アクセス:JR倉吉駅から日交バス関金バスセンター行きで35分、「関金温泉」下車、徒歩10分
駐車場:あり(無料)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

 - 鎌倉時代, 寄木造, 菩薩, 地方仏, 仏像, 鳥取県

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

地蔵菩薩立像と室生寺光背
安産寺(奈良県宇陀市室生区)― 住民とともにある地蔵菩薩の心

奈良の中央の東部あたりの山間のお寺というと、長谷寺と室生寺がセットで紹介されるこ …

図録表紙
「祈りの道へ -四国遍路と土佐のほとけ-」展(東京都・多摩美術大学美術館)①

  ※すべての画像は監修者よりの掲載の許可を得ており、複製、転載を禁じ …

大日如来坐像 横顔
正覚寺(奈良県橿原市十市町)―地域を守る穏やかでおおらかな大日如来

大和高田から橿原市北部へと移動し、昼食をとるためにいったん箸墓の前にある三輪そう …

観音菩薩に後光が
西井戸堂妙感寺(奈良県天理市)― 天平時代の塑像の心木を収めた鞘仏

唐招提寺のあとは、近鉄奈良駅近くのさくらバーガーで、東京から来た友人3人と合流し …

山寺ご開帳フライヤ
立石寺(山形県山形市)―50年に1回のみのご開帳、堂々たる薬師如来

今年、山形がアツいのは、間違いなく立石寺、通称・山寺のご本尊である薬師如来が50 …

十一面観音 顔近影 左側面
置恩寺(奈良県葛城市)―絶妙なバランスで立つ凛々しき観音

2日目は4つの寺院を巡る。 まずは奈良盆地の南西、葛城山の山裾にある置恩寺へ。 …

観音菩薩像 近影左から
浄名寺(愛知県西尾市)―母性そのものの円空の立木仏

羽島で円空に癒やされてから名古屋へ出て、名古屋の仏像仲間たち(名古屋仏像研究会) …

入口の看板
南山城の古寺巡礼展(京都国立博物館)

京都というと祗園や清水、鴨川や御所、二条など、街の中心街の華やかなイメージが一般 …

黒田観音寺 右側面 上半身
「観音の里の祈りと暮らし展Ⅱ—びわ湖・長浜のホトケたち—」(東京都・東京藝術大学美術館)(前編)

滋賀県は仏像の宝庫であるが、とりわけ「湖北」と呼ばれる琵琶湖の北東地域一帯は「観 …