祗是未在

ソゾタケの仏像日記

大日寺(鳥取県倉吉市)— 凜々しき阿弥陀如来と衣紋美しき薬師如来

      2015/03/09

大日寺門前

倉吉には多くの素晴らしい仏像が遺されているということは調べていてよくわかったのだが、なぜなのだろう?と思った。その多くは倉吉市の西方にある。今は大山からの裾野の丘陵地帯と、川に沿ったのどかな田園地帯が広がっている風景である。

実はこの地域は、かつての伯耆国(現在の鳥取県西部)の国府、および国分寺が置かれていた(伯耆守として、あの山上憶良も赴任したことがある)。律令体制下では伯耆国の中心だったのである。それだけではなく、倉吉から連なる峰の先、西にそびえる大山(伯耆富士)は、出雲風土記に初見し、国引き伝説にも関わる古い信仰の山である。倉吉とは反対側になるが、大山の西側斜面には上淀廃寺などのように白鳳時代からの寺院や大山寺のように天平年間からの寺院など、高い文化の跡が確認できる。やはり山陰は大陸とも近いことで、渡来人などを通じて、早い段階からの文化の伝来もあったのであろう。今回訪れた大日寺も、伯耆国分寺からはそんなに離れていない丘陵地帯にある。

伯耆国古寺位置図

(画像をクリックすると別ウィンドウにて拡大できます)※公開当初、モバイル環境ではうまく表示されずにご迷惑をおかけしました

 

大日寺は寺伝によれば、承和8年(841年)に智証大師・円仁が開いたという。永延2年(988年)に源信が再興したといわれる古刹である。かつてはかなりの伽藍を誇ったようで、全国最古といわれる平安時代の瓦経(粘土板に経文を刻んで焼成したもの)多数が出土していたりするそうだ。そんな古刹・大日寺へと向かう。

 

大滝山地蔵院から走るうちににわか雨が降ったが、大日寺に到着する頃には青空から明るい陽光が差していた。稲田の瑞々しい緑を見下ろすように大日寺の伽藍は静かに、いや、セミの声の中に佇んでいた。

大日寺遠望

お寺の前の道が少し広くなっていて、車を置いてから気づいたが、よく見ると斜めに線が引かれていて駐車場になっているのがわかる。

大日寺門前の駐車場

一段高くなっている境内へと上がると、石州瓦で葺かれたお堂が並んでいる落ち着いた佇まいであった。

大日寺境内

呼び鈴を押して予約した者であることを告げると、先ほど鍵を開けておいたので自由に拝観して良いと言っていただく。

本堂裏にある収蔵庫から訪ねよう。

収蔵庫

※撮影には許可をいただいています。

阿弥陀如来坐像(鎌倉時代・1226年)像高114.8cm ヒノキ材寄木造 国指定重要文化財

阿弥陀如来坐像

本堂裏の収蔵庫に1体だけ安置されている大日寺の本尊である。背面に銘文があるそうで、造像年代がハッキリしているそうだ。

目が切れ長の非常に端正な顔立ちである。鼻の造形が独特に見える。凜々しくキリリとしている。衣の折れているところや衣紋がリアルであるところに鎌倉時代らしさも感じるが、目の形や全体の造形の雰囲気に、平安の中央仏っぽいものをも感じるのは自分だけだろうか。

阿弥陀如来近影

首だけが黒っぽく見えるのは時代が違うのか、あるいは修理の痕跡なのだろうか。大ぶりな白毫の周りが白く漆がはげているのが気になるが、これは後世にとりつけたものだろう。

左手の与願印の位置が膝の上ではなく持ち上げているのが珍しい。東京都稲城市にある常楽寺の阿弥陀如来像も同様の造形であるが、このような図像があるのかもしれないし、修理の影響かもしれない。指が何本か欠損しているのが痛々しいが、輪を作るような造形だけがが両手とも遺った形になっており、阿弥陀であることをしっかりと主張している。

阿弥陀如来 与願印

 

端正な顔立ちの阿弥陀如来の素晴らしさに魅了されたが、本堂のこちらの像にも大いに惹きつけられた。

薬師如来立像(平安時代中期〜後期) 像高152cm ヒノキあるいはカヤ材一木造 鳥取県指定文化財

薬師如来立像 全体

素朴な雰囲気の地方仏らしさがあるが、衣紋が室生寺の像に似ているところがあるな、と感じた。

薬師如来立像 全体 斜め

室生寺金堂の中尊である伝釈迦如来立像(実際は薬師如来立像)や、現在は近隣の安産寺で守られている地蔵菩薩立像には特異的な衣紋があり、漣波式(れんぱしき)と呼ばれる。

これは、大きな衣の波の間に2本の小さな波が表現されるもので、漣(さざなみ)ということを表現した、なかなかオシャレなネーミングである。天平後期から平安前期の仏像によく見られる翻波式衣紋は、大波と大波の間に小さな波が1つ入るのであるが、2本入るのが漣波式なのである。

薬師如来立像 衣紋

この薬師如来立像の衣紋は、2本の小波が入っているようにも見える。

翻波式衣紋模式図

衣紋模式図

ただ、地方仏をよく見るようになってわかるのが、大波の表現はいろいろある、ということである。1つの盛り上がりで波そのものを表現する場合と、波のいただきを平らに表現する場合とがある(上図の太い大波バージョン)。

こちらの像の衣紋も、1本は確実に小波であろうが、もう1本は果たして小波なのか、大波の平らな頂の縁なのか、ちょっとわからない。

薬師如来立像 薬壺

しかしいずれにしてもこの衣紋はとてもキレイだ。漣波式ではないとしても、この像のものは彫りが浅いというか薄い。それが室生寺像との共通性を感じさせるのだろう。もちろん造形のレベルの差はかなり大きい上に、衣紋の形式も違う。とは言え、色も朱色のようにも見えて、室生寺像を彷彿とさせるものがある。

割れの痕が痛々しいが、表情や螺髪の彫りは素朴で、それがまたいい。

薬師如来近影 正面やや斜めから

直線的な造形で中央式ではないものの、何とも惹きつけられる仏像であった。

薬師如来 左側から

 

もう1体、グッときたのがこちらの石仏である。

大日如来坐像(平安時代後期)像高60.1cm 石造

大日如来石仏

胎蔵界の大日如来坐像である。頭部は大きく欠損しているが、体部の造形は柔らかく、石というよりも塑像のような出来になっている。表情もどっしりとした雰囲気が良く、同じく大日如来坐像の石仏である大分県の臼杵石仏の大日如来坐像に似ているな、と感じた。

大日如来石仏 近影

 

かつては大寺院であった名残を仏像に留めているが、外に出れば目に染みるほどの緑と雨雲の間にのぞく青空のもと、ゆったりとした雰囲気に包まれるお寺である。よくよくお礼を申し上げて、若々しい稲穂が印象的なこの地を後にした。

大日寺前の若い稲穂

 

【胎金山 大日寺(だいにちじ)】

〒682-0634 鳥取県倉吉市桜354
TEL: 0858-28-5081

拝観:要予約
拝観料:志納

アクセス:倉吉駅からバス 桜停留所下車 徒歩
駐車場:門前の道路が幅広になっているところに斜めに仕切られた駐車スペースがある(無料)

 - 山陰地方, 平安時代, 鎌倉時代, 一木造, 寄木造, 如来, 地方仏, 仏像, 鳥取県, 石造

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

風神
円明寺(岐阜県可児市)【後編】— 五大明王磚仏と弁財天、緻密な釈迦三尊像

 — 前編より 岐阜県可児市には優れた仏像が遺されているが、土岐源氏の城のあった …

岡倉天心と文化財展フライヤ
天心記念五浦美術館「岡倉天心と文化財」展(茨城県北茨城市)―茨城の重厚な仏像

五浦(いづら、いつうら)というのはどこかで聞いたことがあるな、と思っていたが、東 …

不動明王坐像
大聖寺(山梨県南巨摩郡身延町)―都の清涼殿に安置されていたという不動明王坐像

今年の夏の家族旅行は山梨県の南部。 山梨というと、前回のエントリでも書いた福光園 …

no image
三千院(京都府京都市下京区)― シャクナゲの咲き乱れる来迎の庭

大原は京都市街からは北東の方角へと一山越えたところにあるのどかな山村である。比叡 …

石段を登る
百済寺(滋賀県東近江市)— 湖東三山開帳③ 異様で独特な植木観音

西明寺と金剛輪寺は車で5分程度の距離にあるが、百済寺(ひゃくさいじ)は湖東三山の …

金林寺破損仏5体
「祈りの道へ -四国遍路と土佐のほとけ-」展(東京都・多摩美術大学美術館)②

※すべての画像は本特別展監修者より提供を受け、掲載の許可をいただいています。(転 …

大日如来坐像 横顔
正覚寺(奈良県橿原市十市町)―地域を守る穏やかでおおらかな大日如来

大和高田から橿原市北部へと移動し、昼食をとるためにいったん箸墓の前にある三輪そう …

転読とのセッション
犬山薬師寺(愛知県犬山市)— ようやく会えた平安仏とグルーブ住職の寺テクノ法要

今回、年越しで帰省せずにこのタイミングで帰省したのは、この薬師寺でのご開帳に合わ …

下半身の衣紋
浄福寺(東京都八王子市)— 衣紋が見事な千手観音

八王子市は面積が広大ということもあってお寺の数も相当なもので、古仏を有しているお …

阿弥陀如来 左側斜め下から
合原阿弥陀堂(長野県下條村)— 素朴で穏やかな藤原期の阿弥陀如来

長野県は近畿からすると決して近くはない場所であり、非常に山深く谷も深い。しかし、 …