祗是未在

ソゾタケの仏像日記

佛谷寺(島根県美保関町)— 独特で印象的な「出雲様式」の5体の仏像たち

      2015/03/20

解説 出雲国風土記

出雲国風土記』は非常に興味深い書である。現存する風土記の中では最も完全なものに近いと言われ、数多くの神話が登場する。荒神谷遺跡資料館で販売されていて即座に購入した『解説 出雲国風土記(島根県古代文化センター編)』(今井出版)は素晴らしい力作の解説書であるが、これを読めば読むほど、島根半島という地域の特異性を感じざるを得ない。

島根半島の特異性を感じさせる神話の中でも最たるものが、「国引き神話」であろう。

八束水臣津野命(ヤツカミズオミツノミコト)が、出雲は狭いと感じて、新羅国の一部、隠岐の一部、北陸の一部をで切り取って、をかけてゆっくりと引っ張ってきた、というものであるが、先述の解説書では、それぞれの地域との深い交流や、農耕、漁、食料、料理という日常での活動を表現し、開発というものを感じさせると検証されているのは非常に興味深い。

さて、その国引き神話は、東西2つに分かれているというのは今回調べていて初めて知った。島根半島の西半分は新羅より切り離され、三瓶山に縄をひっかけて引っ張られ、杵築大社(現在の出雲大社)の南に延びる薗の長浜がその縄という。東半分は、能登半島の先の「高志(こし)」や隠岐を切り離して、今度は伯耆国の大山に縄をひっかけて引っ張られ、現在の夜見が浜(現在の弓ヶ浜)がその縄、そしてくっついた地が「三穂の国」となった。現在の美保の地である。

国引き神話

(出展「出雲観光ガイド」出雲観光協会)

 

これは、古来より美保が北陸との海運での交流があったことに関連しているようだ。『出雲国風土記』には、「大神命が、高志の国の神 意支都久辰為命(おきつくしいみこと)の子、俾都久辰為命(へつくしいみこと)の子、奴奈宜波比売命(ぬなかわひめ)と結婚して生まれた御穂須須美命(みほすすみみこと)が鎮座しているから美保という」、といった内容の件があり、北陸との関わりの深さを感じさせる。

今回はその美保にあった関を表す地名である美保関へと向かうことになる。

弓ヶ浜から大山方面を眺める。この弓ヶ浜がということであり、そこに自分が乗っている状態で、縄の先には、頂上は雲には隠れているが、あの大山なのかと思うと、そのスケールの大きさを実感して驚く。

弓ヶ浜

そもそも、神話を作り出した時代の人たちは今のように空からの地形はわからなかったはずであるが、この浜が砂州でできた長細いものであることはわかっていたであろうから、それが海に面して立てば、弧を描いて大山へと繋がっているように見えることからして、あのような壮大な物語を作り出したのだろう。素晴らしい創造力であると感じる。

ユリカモメたちが飛び交っている。

ユリカモメ

これから向かう美保関を遠望する。灯台が見える。

美保関遠望

 

弓ヶ浜の最も先っぽにあるのが境港で、ここは「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるの故郷として知られる。私も大学に入ったばかりの頃に鉄道で訪れたことがあるが、まだその頃はそんなに有名ではなく、静かな港町であった、という記憶が残る。

鉄道だと境港までだが、今日は自動車なので、その先へと進む。

境水道大橋は普段は骨格だけのような感じだが、この日は工事中で被いがかかっており、遠くから見るとまるで恐竜のようだった。

境水道大橋

橋を渡った多くの車は西へと向かうのであるが、私は東へと進む。

先ほど渡った橋の下をくぐり抜け、海沿いに走ること15分ほどで、静かな漁村に到着する。ここが美保関漁港だ。

少しばかり時間に余裕があったので、そこからさらに10分ほど登ったところにある美保関灯台まで行ってみた。

美保関灯台

美保関港まで戻る。ゆったりとした雰囲気の昼下がりの漁港らしい雰囲気がなんとも心地いい。

美保関漁港

漁港に車を置いて、狭い土地に並んだ古い家屋の間の道である「青石畳通り」を抜けていく。この道は江戸時代に敷かれた緑泥片岩でできており、晴れている時は普通の石畳だが、雨が降ると青く変化するのだという。

青畳

その先にある弥陀が谷と呼ばれる谷戸のようなところに佛谷寺はあった。海も山も近いということからか、何だか鎌倉の寺院を彷彿とさせる佇まいである。

山門

佛谷寺の創建は古く、1200年前というから奈良時代から平安時代であろうか。神話とはまた違う寺伝をもっているのがおもしろい。

当時、この一帯の海に3つの妖しい炎があり、海を荒れさせて畏れられていたが、それを「三火(みほ)」と呼んでいた。たまたまこの地にやってきた行基がその三火を封じるために仏像を彫って納めたのがこの寺の始まりなのだという。山陰には行基伝説が多いようだ。その後、弘法大師によって再興されたり、室町時代には隠岐へ流される後鳥羽上皇後醍醐天皇が風待ちをされたりしてきたという。また、八百屋お七の恋人、吉三の墓があることでも知られる。

境内は広く落ち着いている。

拝観受付のボックスなどがあるが誰もいない。予約していたので呼び鈴を鳴らして手続きをしていただき、東側にある「大日堂」という名の収蔵庫に入れていただく。大日堂という名前だが、大日如来はいない。

大日堂

照明がつくと、思わず息を呑んだ。

※撮影には特別な許可をいただいています

五体並ぶ

真っ黒な5人がずらりと横に並んでこちらを見ているようだった。まるで戦隊もののヒーローがバーンと登場したかのようなインパクトだった。

五体 横から

 

薬師如来坐像(平安時代)一木造 像高100cmほど 国指定重要文化財

薬師如来坐像 全体

非常に独特な造形であると感じる。まず頭である。螺髪が見事であるが、まるで顎にひっかけられるタイプのニット帽をかぶっているかのような立派さである。

横顔

また、両肩のあたりの襟を立てていて、何ともオシャレな造形だな、という感じもする。この他、如来像の左胸に1ヶ所の渦巻き文をつける、如来のお腹に二本線を刻む、というこの造形は、天台宗の様式から派生する「出雲様式」と解釈されるが、例の少なさから否定する研究者もいるという。いずれにしても非常に特異的な造形であることには違いがない。

出雲様式

表情も一種独特である。

薬師如来 胸から上

後世の補修であると思われる白目の部分が黒い体に目立ってしまうことからか、なんとも愛嬌のある表情に見える。

薬師如来 左側斜め下から

横から見ると体は分厚く、弘仁仏のような丸っ子さもあり何だかいいな、と思う。

横から 右三体

腕は当時のものかはわからないが、指の表現はとても美しい。

薬師如来 手

 

出雲様式」には立像の特徴もあるそうで、胸と腰の位置が近く、腰から下が非常に長い、というものだそうだ。4体の立像はいずれもそうなっているのがわかる。

 

伝・虚空蔵菩薩立像(平安時代) 一木造 像高170cmほど 国指定重要文化財

虚空蔵菩薩 全体

 

5体のうち、最も惹きつけられるのがこちらの像である。とにかく衣紋がすごい。深い大波の翻波式衣紋がこれでもかこれでもかと下半身に刻まれている。さらに天衣が複雑にうねっており、拝観していると、この衣はどこからどういう風になっているんだろう、と首をひねりながらも眼が離せなくなってしまうほどだ。

虚空蔵菩薩 全体

 

背面もすごい。

虚空蔵菩薩 背面

 

渦巻き文もいたるところにあり、ちょっとやり過ぎじゃない?と思ってしまうほどだ。

表情はというと、非常にスッキリとした感じで、衣紋のすごいパワーみなぎる雰囲気とはまた違う。

虚空蔵菩薩 表情

目が彫られているようにも見えるが、これは後世のもので本来は彫られていなかった、という話も耳にする。いずれにしてもイケメンだな、と思う。

虚空蔵菩薩の立像というのは他では見たことがない。儀軌とは姿も持っている物も違う。左手が人差し指と薬指を立てて握っているのは水瓶の握り方であろうし、おそらく本来は聖観音であったのだろう。

 

聖観音菩薩立像(平安時代)像高170cmほど 一木造 国指定重要文化財聖観音菩薩 全体

 

この五体の仏像は、虚空蔵菩薩が最も古く、この聖観音がそれに次ぐと言われている。

虚空蔵菩薩とはまた違った雰囲気である。胸には瓔珞が掘り出されており、衣紋は虚空蔵菩薩ほど立体的で力強いものではないが、しっかりとした彫りで美しく薄様にまとめられている。どちらかというと虚空蔵菩薩の立体感が異様で、こちらは正当的な美しさという感じを受ける。

聖観音 衣紋

 

表情はちょっとツンとした雰囲気である。顔の形はやや角張った感じだ。出雲様式の表現のひとつなのかはわからないが、唇を突き出すようにしているのは、虚空蔵菩薩を覗く他の3体と共通している。やわらかい体の造形で蓮のつぼみなどを持ちつつも、表情はちょっと取っつきにくいというツンデレさがまた何とも良い。

聖観音 表情

 

日光菩薩立像(平安時代)像高170cmほど 一木造 国指定重要文化財

日光菩薩 全体

出雲様式の特徴について考えるならば、立像ではこの像が最も象徴的なのではないかな、とも感じる。スラリとしていて、とにかく”胴短長足”である。顔は聖観音と同じくややツンとした表情をしており、やはり唇を突き出すようにしているのが特徴的だ。なんだか細い魚のようだな、と感じるようなつるりとしたイメージの体である。港町にぴったりなのかもしれない。

日光菩薩 衣紋

横顔を見ると、どことなく南方系の顔の作りにも見えるプリミティブさがまた何ともいえない魅力をもっている。

日光光菩薩 表情

日光菩薩ということであるが、月光菩薩とは左右対称になるところなっていない上に造形もまるで違う。さらにこの日光菩薩は下げている右手は日輪の柄を持っていたようにも見えない上に、左手はどちらかというと水瓶を握っていたような手をしている。こちらも聖観音であったのかもしれない。

月光菩薩立像(平安時代)像高160cmほど 一木造 国指定重要文化財

月光菩薩 全体

こちらは右手が柄を持っていたような造形になっている。

そういえば日光菩薩と月光菩薩で、日輪・月輪の右上 or 左上というのはどちらがどちらなのだろう?と思ったが、いろいろ見ていくとそれぞれにあるようで、あまり決まっていないのかもしれない。いずれにしてもこの像は、日光・月光のどちらかであったのだろう。

月光菩薩 脚部

顔がやや四角い上に大きめで、やや体とのバランスが悪いようにも見える。出雲様式を踏襲してはいるが、やや体部が長めになっているようにも見え、衣紋や造形が全体的に直線的で硬く、この像が一番新しいのではないか、という気がする。

月光菩薩 表情

この5体の並ぶ須弥壇の前にも、2体の仏像が置かれているが、毘沙門天の邪鬼がドラえもんっぽい雰囲気でなかなかかわいい。

邪鬼

 

大日堂を出てお礼を申し上げてお寺を後にする。

青石畳通りでは、地域のおじいさんや子どもたちが会話している風景があったりして何だかホッとする。そんなのんびりした美保関港を後にすると、境水道大橋の辺りでは雨が降り始めた。

視界も遮られるほどのかなりの雨の中をゆっくり走っていると、急にパタッと雨が止んだ。夏の通り雨のような感じであった。ふと左を見ると、伸びやかな中海の風景が広がっていた。

中海

【龍海山 佛谷寺(りゅうかいさん・ぶっこくじ)】

〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関530
TEL: 0852-73-0712

拝観:要予約
拝観料:300円

アクセス:松江駅から一畑バス(美保関ターミナル行)で40分、美保関ターミナル下車、美保関コミュニティーバス乗り換え(美保関線)30分、美保神社入口10分
駐車場:美保関漁港の無料駐車場を利用できる

【関連サイト】

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 - 山陰地方, 平安時代, 弘仁・貞観時代, 藤原時代, 一木造, 如来, 菩薩, 仏像, 島根県

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

左斜め前から
真覚寺 薬師如来倚像(八王子郷土資料館寄託)―白鳳時代の銅像薬師如来

多摩の仏像についても折に触れて書いて行きたいと思う。 東京都の西部・多摩地区は、 …

入口の看板
南山城の古寺巡礼展(京都国立博物館)

京都というと祗園や清水、鴨川や御所、二条など、街の中心街の華やかなイメージが一般 …

慈恩寺秘仏展看板
慈恩寺(山形県寒河江市)―可憐な菩薩と個性的で素晴らしい造形の十二神将

4月は興福寺がアツかったが、5月は山形がアツい! なんといっても、山寺(立石寺) …

壽宝寺千手観音像
壽宝寺(京都府京田辺市)—昼と夜の顔をもつ真数千手観音

奈良滞在も3日目となり、いよいよ今回の奈良旅のメインである東大寺の良弁忌の日とな …

聖観音菩薩近影
浄土寺(岐阜県岐阜市福富)— 頭の大きな平安仏と、つるっとした鎌倉仏

私の地元は愛知県犬山市である。ここには国宝4城のひとつである犬山城や明治村など、 …

十一面観音像 斜め前からアップ
慶田寺(奈良県桜井市)—「いいお顔」の観音像のヒミツ

桜井市の北辺一帯は独特な雰囲気をもった空間だな、と子どものころからこの地を訪れな …

十一面観音近影 左側より
西念寺(奈良県天理市)— 宿院仏師の凜々しくも美しい長谷寺式十一面観音

  宿院仏師。仏像好きでも、この名前をあまり耳にしたことがない人は多い …

no image
三千院(京都府京都市下京区)― シャクナゲの咲き乱れる来迎の庭

大原は京都市街からは北東の方角へと一山越えたところにあるのどかな山村である。比叡 …

観音菩薩に後光が
西井戸堂妙感寺(奈良県天理市)― 天平時代の塑像の心木を収めた鞘仏

唐招提寺のあとは、近鉄奈良駅近くのさくらバーガーで、東京から来た友人3人と合流し …

美江寺観音
岐阜市歴史博物館「岐阜の至宝展」(岐阜県岐阜市)―美江寺観音と塑像仏頭

  この日は犬山市にある桃太郎神社のコンクリート像(浅野祥雲作)の修復 …