地福院(静岡県河津町)— 破損しつつも女性らしき暖かさと美しさを感じさせる吉祥天

平安時代, 一木造, 天部, 仏像, 静岡県

河津桜
(2012年に撮影したもの)

南伊豆の河津と言えば、何と言っても河津桜であろう。ソメイヨシノなどの桜よりも1ヶ月以上早く、梅と同じくらいのタイミングで咲き誇るピンク色の濃い桜で、とてもきれいだ。

ソメイヨシノは人工的な交配により作り出されたとの説が有力なのだそうだが、河津桜はオオシマザクラとカンヒザクラが伊豆において自然配合したことによって生まれたと考えられており、1955年に河津において発見されたものだ。

それ以外にも、河津と言えば曾我兄弟の仇討ちで有名な河津三郎の出身地としても知られる。

この河津は、「」という名前がつくことからも推測がされるように、かつては港町であったようで、文化が流入してくる場所であったようだ。古来からの文化の豊かさを伝える最たるものが、南禅寺(なぜんじ)であろう。26体もの平安仏を有しており、かつては、ならんだ寺という巨大な寺院であったそうだ。小さなお堂に祀られていた仏像たちは、現在は「河津平安の仏像展示館」としてリニューアルオープンした収蔵庫に収まっており、ゆっくりと拝観できるので、南伊豆に行かれる際にはぜひルートに組み込んでいただきたいと思う。

そうした文化薫る地であった河津の地であるが、河津の市街地から海沿いに10分ほど南下したところにあるのが、今回ご紹介する地福院である。

お昼過ぎに河津に着いて、予約時間にはずいぶん早いということもあり、下田まで足を伸ばして、「道の駅下田みなと」で下田バーガーを食べた。3年前に下田を訪れた時に食べて舌鼓を打った記憶があるが、金目鯛1匹まるまるのフライが入っているので非常に贅沢な上に、とても美味しい。下田に行かれるならばぜひオススメしたい一品である。

下田バーガー

伊豆は急峻な地形であることもあって、海沿いの道はアップダウンを繰り返し、またクネクネの道路となっているのはよく知られているが、河津から下田への道もそんな感じである。地福院をカーナビに入れると、かなり手前で国道から山側へと入る細い山道が案内されてしまうのだが、実際には、国道のお寺に最も近いところからすぐに上がれる道があるので、事前に道を調べてから行かれる方がいいだろう。

地福院門前の風景

国道から一気に急坂を登ったところに、静かで広い地福院は境内を構えていた。のどかで静かな風景が広がる。

河津桜の開花にはまだ少しばかり早い時期であったが、お寺の門前の鉢に活けてある河津桜は少しばかりほころんでいた。

お寺前の河津桜

境内へと入っていくと、ちょうどご住職の奥様がお堂を開けて下さっているところだったので、予約した者であることを伝えると、快く堂内へと招き入れて下さった。

※撮影には特別に許可をいただいています(今回は暗所にあったため、補正はかけていますが写真が粗めです。ご容赦下さい)

吉祥天立像(平安時代)像高123.1cm 一木造

吉祥天 全身

上原仏教美術館学芸員の田島整先生が伊豆新聞に連載されていた「伊豆の仏像」という中に出てきたのがこちらの吉祥天である。たまたま見かけたその記事を読んでから、河津を訪れる際にはぜひ拝観したいと思っていた。

お厨子を開いて下さった中に、黒々としたお姿が目に飛び込んでくる。思っていたよりもずっと大きい。直線的な体が印象的である。体部だけを見ると、まるで立木仏のような真っ直ぐさである。

実はこの像は、かつてはここから少し南に海沿いへと下った、現在は尾ヶ崎ウィングという休憩場があるあたりに存在した薬師堂に、薬師如来として祀られていたのだそうだ。しかし本来は見ての通り薬師如来ではない。両腕の下に垂れ下がっている衣は三重になっており、田島先生の記事によれば、これは天部の特徴であるのだそうだ。薬師如来であれば左右の印も逆だろうか。ちなみに、像に比してやや大きすぎの両手先は後補である。

吉祥天 左側から

火を受けているのか、いぶされたのか、かなり黒い状態であるが、やや暗い中、お顔を拝見すると、優しく穏やかな表情をされているのがわかる。そして何と言っても、両肩に掛かっているお下げのような髪の毛からしても、とても女性的だ。口が小さく顎がふくよかな、丸っこくて暖かみのある雰囲気がとても愛らしい。

吉祥天 上半身

破損が激しい状態ではあるものの、腹部の衣紋はよく遺っている。田島先生が「伊豆の仏像」で指摘しているように、お腹の部分の衣紋を絞った形でちょうちょう結びにしているのがリボンのようで、何だか女性的なものも感じさせる。三重の天衣の放物線も美しい。

吉祥天 腹部

脚部に眼をやると、右腿の部分に木のの部分なのかウロなのかわからないが、見事なほどの穴のような部分があるのがわかる。木芯を残さない芯去り材の方が暴れない安定したものになるというが、あえてこうした部分を像に含ませて彫るのは、霊木信仰的な意味合いを持たせた神仏習合の像であると聞いたことがある。この像もやはりそうした性質を持っているのだろうか。ちなみに足先は後補である。

足元

何だか痛々しいほどに荒れているが、先日の東高尾観音寺でも感じたように、朽ちてもなおその像が本来持っていた雰囲気というものは遺るものなのだな、と改めて感じる。

幾星霜の運命をくぐり抜け、いっときは薬師如来として、そして今は本来の吉祥天として、昔と変わらず、静かにこの地を守り続けている吉祥天。最後にお顔を拝見すると、何だかほんわかとした微笑みをたたえているようにも見えた。

吉祥天 近影

 

ご住職の奥様には下田にある著名な洋菓子屋の美味しいお菓子やお茶までいただいて大変にお世話になった。

お礼を申し上げてお堂の外に出て、少しずついろいろな花が咲きかけている境内の風景に、春の近さを感じつつお寺を後にした。

 

【参照サイト】

 

【地福院(じふくいん)】

〒413-0514 静岡県賀茂郡河津町縄地430
TEL:0558-32-0846

拝観:要予約(時期に余裕をもっての予約が必要)
拝観料:志納

アクセス:河津駅から縄地・下条行きバスで縄地下車
駐車場:なし(小型車であればお寺前の少しだけ広くなった路肩に止めることができる)