祇是未在

ソゾタケの仏像日記

daihoji2018_-50

   

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

壽宝寺千手観音像
壽宝寺(京都府京田辺市)—昼と夜の顔をもつ真数千手観音

奈良滞在も3日目となり、いよいよ今回の奈良旅のメインである東大寺の良弁忌の日とな …

不動明王坐像
大聖寺(山梨県南巨摩郡身延町)―都の清涼殿に安置されていたという不動明王坐像

今年の夏の家族旅行は山梨県の南部。 山梨というと、前回のエントリでも書いた福光園 …

本堂
願興寺(岐阜県可児郡御嵩町)— かつての繁栄を物語る素晴らしき仏像群

岐阜県はかつては文化薫る街道沿いの街であった、と、このブログでも繰り返し書くとい …

楽法寺山門
楽法寺(茨城県桜川市)— 引き込まれる異質な雰囲気の雨引観音

日本には数多くの巡礼というものがあるが、お遍路さんと並んで最も著名なのが百観音巡 …

弥勒如来 胸から上 左側から
弥勒教会(茨城県笠間市)— ゴージャスな衣紋をまとった堂々たる弥勒仏立像

関東一都六県のうちの一つである茨城県というと、水戸納豆と水戸黄門のイメージが強い …

十一面観音像 斜め前からアップ
慶田寺(奈良県桜井市)—「いいお顔」の観音像のヒミツ

桜井市の北辺一帯は独特な雰囲気をもった空間だな、と子どものころからこの地を訪れな …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

観音菩薩に後光が
西井戸堂妙感寺(奈良県天理市)― 天平時代の塑像の心木を収めた鞘仏

唐招提寺のあとは、近鉄奈良駅近くのさくらバーガーで、東京から来た友人3人と合流し …

岡本神社 十一面観音坐像 上半身斜めから
「観音の里の祈りと暮らし展Ⅱ—びわ湖・長浜のホトケたち—」(東京都・東京藝術大学美術館)(後編)

(前編より) 上野・東京藝術大学美術館では、2016年8月7日(日)までの日程で …

十一面観音近影
正楽寺(奈良県北葛城郡広陵町)―堂々たる像高2m超の十一面観音

法隆寺のある斑鳩から三輪山方面へと、現在の地図上でも斜めに走る道がある。これはか …