祇是未在

ソゾタケの仏像日記

shinano1806-26

   

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

透かし橋
五大堂(宮城県宮城郡松島町)

友人の結婚式に出席するために仙台を訪れた。式当日の午前中は予定がないので、松島ま …

毘沙門天
福光園寺(山梨県笛吹市)―慶派仏師・蓮慶による吉祥天および二天像

今年の夏も暑い。 最近は夏は暑く、冬はそんなに寒くはないものの雪がやたらと多い、 …

十一面観音像 斜め前からアップ
慶田寺(奈良県桜井市)—「いいお顔」の観音像のヒミツ

桜井市の北辺一帯は独特な雰囲気をもった空間だな、と子どものころからこの地を訪れな …

執金剛神像
東大寺法華堂(奈良県奈良市)—紛う事なき塑像の最高傑作・執金剛神像

良弁(ろうべん・689-773)とは、東大寺の開山として知られる奈良時代の高僧で …

如意輪観音やや左前から
方外院(山梨県南巨摩郡身延町)— 謎多き魅力的な如意輪観音

この像はとにかく腕が細く長いのが最もインパクトがある。如意輪観音は密教系の寺院でよく見かけるスタイルと同じであるものの、見慣れた如意輪観音像は、大阪・観心寺像を始めとして、もっとこう、丸っこいふくよかなイメージである。
顔は面長で、頬はふっくらとしている。かなり暗いので肉眼ではなかなかよくわからなかったが、写真に撮って見てみると半眼であることがわかる。頭上の宝髻はかなり簡略化されており、冠を載せるためなのか後補なのかは不明である。唇はやや厚めでキュートな雰囲気が出ている。このあたりは観心寺像に女性を感じるのと同じなのかもしれない。

蔵王大権現
下宝沢 蔵王大権現(山形県山形市)―3mを超す大迫力の蔵王権現

山寺から2つほど峰を超えた南側に下宝沢(しもほうざわ)という地区がある。ここはか …

阿弥陀如来 左側斜め下から
合原阿弥陀堂(長野県下條村)— 素朴で穏やかな藤原期の阿弥陀如来

長野県は近畿からすると決して近くはない場所であり、非常に山深く谷も深い。しかし、 …

図録表紙
「祈りの道へ -四国遍路と土佐のほとけ-」展(東京都・多摩美術大学美術館)①

  ※すべての画像は監修者よりの掲載の許可を得ており、複製、転載を禁じ …

毘沙門天増 斜め前から全体
安養寺 【その1】(東京都日野市)— 古刹に君臨するサタデーナイト毘沙門天

お正月早々のエントリということで我が家のお鏡さん。今年もよろしくお願いします。 …

長谷本寺(奈良県大和高田市)ー長谷寺観音の当初の姿を遺すという美しい十一面観音

置恩寺から再び奈良盆地の中央へとくだり、大和高田市の市街地へと入る。 大和高田市 …