甲信越地方, 平安時代, 藤原時代, 一木造, 菩薩, 地方仏, 建築, 仏像, 長野県,

千曲川は言わずと知れた日本一の川である。

社会科だと「信濃川」という名前で呼ばれるこの川だが、信濃川と名乗るのは新潟県に入ってからであり、当の信濃国の中では千曲川である。名前の通り、クネクネと曲がりながら信濃の深き山を貫き ...

甲信越地方, 平安時代, 藤原時代, 一木造, 菩薩, 地方仏, 建築, 仏像, 長野県, , 風景

塩田平は前エントリで書いたように、独鈷山信仰や塩田庄、頼朝による信濃守護の設置から塩田流北条氏、という経緯を経つつ、非常に高い仏教文化が花開いた土地である。重要文化財や国宝に指定される三重塔がいくつも存在する、というのは限られた地で他 ...

甲信越地方, 平安時代, 藤原時代, 鎌倉時代, 寄木造, 定朝様, 如来, 天部, 建築, 仏像, 長野県, 定朝様

前エントリで、千曲川流域には「平」と呼ばれる河岸段丘の形成した平地状の地形がいくつもある、ということを書いたが、今回のスタート地である佐久平から北西へ進むと、上田市を中心とする上田平がある。上田平は武田信玄と村上義清が対決した上田原の ...

甲信越地方, 平安時代, 藤原時代, 寄木造, 定朝様, 如来, 地方仏, 仏像, 長野県

長野県は私にとっては縁の深い地である。山と自然を愛する家族に生まれ、愛知県からは行きやすいということもあって、休みというと長野へと旅をしていた。

その後、姉が長野の大学へ進み、私も運転免許は伊那でとり、また、大学の頃は更埴 ...

甲信越地方, 平安時代, 室町時代, 寄木造, 如来, 菩薩, 建築, 仏像, 長野県

伊那谷は馴染みが深い。子どもの頃から山好きな両親とともに長野へはしょっちゅう訪れていて、松本や霧ヶ峰、北アルプスへと出かけてきた。そのためには愛知から中央道を走り、伊那谷を走ることになる。かつては長野道がなかったので、伊北インターチェ ...

甲信越地方, 藤原時代, 一木造, 如来, 地方仏, 仏像, 長野県

長野県は近畿からすると決して近くはない場所であり、非常に山深く谷も深い。しかし、人の往来、文化の往来、という意味では、かつての信濃の地は現在とは違う。

現在の大動脈は太平洋側の東海道であるが、江戸までの東海道は大河あり海あ ...